コーヒーをもっと趣味に

キリマンジャロ×気品【タンザニア:エーデルワイス】

キリマンジャロ×気品【タンザニア:エーデルワイス】

今回はタンザニアの農園の中でも有名な、「エーデルワイス農園」のコーヒー豆です。エーデルワイス農園は、キリマンジャロと呼ばれるコーヒーの一つで、キリマンジャロの中では飲みやすさが特徴的です。

「エーデルワイス」は、こんなコーヒー。

  • オススメの焙煎:ハイロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    甘く滑らかで、若干カシューナッツのような印象がある
  • アロマ(コーヒーの香り)
    甘く芳醇でカモミールのような香り

風味

  • 個性を持ちつつも飲みやすさが印象的
  • 程よい酸味に甘みと爽やかさ

こんな時にオススメ

  • 昼に飲みたいコーヒー
  • 気分転換したい時
  • 仕事の合間のひと時に

ペーパードリップ:純真な野生児

個性的なのに飲みやすさのあるコーヒーです。

程よい酸味とコクはクリアテイストで、ワイルドさが感じ取れるフレーバーが印象的です。しかしその後、感じられる甘みには穏やかさを感じさせられます。余韻は穏やかさの中に、酸味とコクの残響の心地よさが感じられます。

どこか「純真な野生児」といったような雰囲気のコーヒーです。

80~85℃がオススメ

エーデルワイスは80~85℃前後の温度で抽出すると、程よさとワイルドさが上手い具合に感じられます。また低温でも美味しく、個性は弱めですがスッキリ明るい印象のコーヒーに仕上がります。

ただ高温では、上品さが消えてエグ味が出やすいので、あまりオススメはできません。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:83℃

ステンレスフィルター:個性と穏やかさのバランス

甘みとコクの滑らかさの中に、酸味がスッキリ感じられます。ペーパードリップのワイルドさと、後述するネルドリップの穏やかさを、足して二で割った味わいです。余韻は比較的スッキリ爽やかで、ちょうど良い飲みやすさがあります。

個性とのバランスが取れたコーヒーが好みの方には、オススメです。また若干低めの温度(75~80℃の範囲内)で抽出すると、個性が明るくて穏やかさと上手く調和している印象です。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一人当たり12g(一杯120ml)
  • 挽き具合:中細挽き
  • 抽出温度:78℃

ネルドリップ:シックで大人のコーヒー

キリマンジャロの中では、穏健的で飲みやすい印象のコーヒーです。

飲み始めは、タンザニアらしいワイルドな気品と、コクによるフルボディなフレーバーが感じられます。その後はワイルドさが見え隠れする程度で、ベースは甘みとコクの柔らかい風味が印象的です。余韻は奥深いコクが落ち着きに似た雰囲気を醸し出します。

こちらはシックで大人な印象のコーヒーです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中~中粗挽き
  • 抽出温度:83℃

フレンチプレス:淡麗な気品

ネルドリップとは対照的に、軽やかで柔らかみのある酸味が印象的です。

しかしその中に、ほのかなコクと甘みが感じられます。余韻は軽やかさが尾を引き、感じられるかどうかギリギリくらいの、ほのかな明るさが感じられます。

「エーデルワイス」の名前に似合った淡麗な気品が感じられます。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレス)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:4分00秒

オススメの飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:ほどほど
  • 砂糖 :ほどほど

ミルクを加えるとワイルドさは弱まりますが、ミルクティーのような気品があります。ワイルドさが好みかどうかによって、ミルクが合うかどうか好みが分かれそうです。

低脂肪乳がオススメ!

エーデルワイスの上品な味を壊さないまま、カフェオレにしたいのであれば、低脂肪乳がオススメです。低脂肪乳を混ぜても、もたついた味にはならないため、上品さを保つことが出来るのです。

牛乳を混ぜる場合は1:1ではなく、「牛乳:コーヒー=1:3」ほどにするとオススメです。

エーデルワイスで気品ある時間を

エーデルワイス(=高貴なる白)の名前の通り、上品な味が特徴的です。

このコーヒーは、その飲みやすい上品さから、アフターヌーンティーの代わりに飲んで美味しいコーヒーです。うららかな一時に、一杯飲みたくなるコーヒーという印象です。

コーヒー豆の情報

  • 名称:エーデルワイス
  • 産地:オルディアニ、タンザニア
  • 精製:ウォッシュド、天日乾燥
  • 今回の焙煎:ハイロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。