コーヒーをもっと趣味に

ブルーベリーコーヒーの作り方【フレーバーコーヒーのレシピ】

ブルーベリーコーヒーの作り方【フレーバーコーヒーのレシピ】

ブルーベリーを使った‘おいしいフレーバーコーヒー’が楽しみたい!という方のために、自宅でできる‘簡単ブルーベリーコーヒーの作り方’をご紹介します。

ブルーベリーについて

ブルーベリーとは、ツツジ科スノキ属の落葉木果樹です。原産地は南アメリカで、ブルーベリー植物がカリブ諸島を経て、北アメリカに渡ったとされています。果樹として品質改良が進み、日本でも栽培されるようになった人気のフルーツです。

ブルーベリーには老化防止の効果も

ブルーベリーには’アントシアニン’と呼ばれるポリフェノールや、ビタミンA/C/E、亜鉛などのミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があるとされており、老化を防ぐフルーツとしても熱い視線を集めています。

フィンランド産のブルーベリーコーヒー

フィンランド国内でコーヒーチェーンを運営するROBERT’S COFFEE。天然の北欧産ブルーベリーをパウダーにして、アロマとともに閉じ込めたブルーベリーコーヒーが人気です。

北欧産ブルーベリーの豊かな香りを楽しんでもらいたいという思いから作られています。

ブルーベリーコーヒーのレシピ

  • ブルーベリージャム:お好みで
  • インスタントコーヒー:普段飲む量の半分

1材料

カップにインスタントコーヒーを入れ、少量の湯を注ぎかきまぜる。

3湯をそそぐ

ブルーベリージャムを加え、コーヒーとジャムをよく溶かす。

4ジャムを入れる

残りの湯を注ぎ、軽くまぜ完成。

6完成

ジャムは溶けにくいので、途中でよく溶かすことがポイントです。コーヒーの分量を少なくすることで、ブルーベリーの風味を引き立たせることができます。

ブルーベリーコーヒーにおすすめのデザート

ブルーベリーと相性が良い‘マスカルポーネチーズ’を使用したデザートを一緒に食べることで、よりいっそうまろやかでフルーティなフレーバーを感じることができます。

ブルーベリーコーヒーの作り方まとめ

ブルーベリーフレーバーをジャムで再現することができるので、とても簡単に作れます。ジャムが余った時に、おいしいブルーベリーコーヒーを試してみませんか。ブルーベリーコーヒーと食べ合わせるオススメのスイーツを探してみる、というのもいいかもしれませんね。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。