コーヒーをもっと趣味に

ノンカフェインさつまいもコーヒーのアレンジ術【代用コーヒーのレシピ】

ノンカフェインさつまいもコーヒーのアレンジ術【代用コーヒーのレシピ】

カフェインが苦手でも、おいしいコーヒーを楽しめたらいいと思いませんか。今回はさつまいもを使って、ノンカフェインコーヒーをアレンジしていきます。

さつまいもについて

さつまいも(薩摩芋)とは、ヒルガオ科サツマイモ属の植物です。養分を蓄えて肥大した芋の部位や、葉や茎を食用にされます。16世紀頃に東南アジアへ導入され、17世紀には日本国内へと伝わったといわれています。

さつまいもの栄養

さつまいもは、デンプンと糖分を豊富に含んでいるため、エネルギー源として摂ることに向いています。ビタミンCやカルシウム、食物繊維も多く含まれているため、風邪をひきやすい冬などに食べたり、肌にも良いとされています。

さつまいもコーヒーのレシピ

  • 干し芋(炒ったもの):5g
  • はちみつ:お好みの量
  • コーヒープレス

コーヒープレスの蓋をはずし、炒って細かく砕いた干し芋を入れる

ゆっくりと熱湯を注ぎ、

3分ほど蒸らし、ほどよいコーヒー色になったらプレス

カップに注いだら完成です。

干し芋は、フライパンで焦げ目がつくまで炒ることで、コーヒーのような色合いが楽しめます。粗くすりこぎでつぶして使うのがおすすめです。

甘い香りの一杯

さつまいもコーヒーは、さつまいもの甘い香りが楽しめる一杯です。干し芋を使用したので、ほんのりと酸味も感じられましたが、さつまいもの皮を炒ってコーヒーにするのもおすすめですよ。

おすすめアレンジ

干し芋を使ったさつまいもコーヒーは、はちみつを合わせると、スイートポテトのような味わいが楽しめますし、フルーツジャムを入れると甘さが引き立ちます。よりコーヒー感を強くしたい時はチョコレートソースを、クリーミーにしたいのであればホイップクリームを合わせるのがおすすめですよ。

ノンカフェインさつまいもコーヒーのアレンジ術 まとめ

市販の干し芋を使って、簡単にノンカフェインコーヒーを楽しめます。干し芋を使ったさつまいもコーヒーは、ほんのり甘い香りでやさしい味わいが特徴です。ノンカフェインなので、時間を気にせずに楽しめるのがいいですよね。自分好みにカスタマイズして、ノンカフェインさつまいもコーヒーを楽しんでみてくださいね。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。