コーヒーをもっと趣味に

ノンカフェインピーナッツコーヒーのアレンジ術【代用コーヒーのレシピ】

ノンカフェインピーナッツコーヒーのアレンジ術【代用コーヒーのレシピ】

ノンカフェインコーヒーとして有名なのは、植物の根を使ったものが多いのですが、ピーナッツを炒って楽しむのもおすすめですよ。今回は、ノンカフェインピーナッツコーヒーのアレンジレシピをご紹介します。

ピーナッツでノンカフェインコーヒーを楽しもう

ピーナッツには、良質な脂質やミネラルが含まれていて、適量を摂ることで美肌やアンチエイジング効果が期待できるといわれています。ナッツの風味が大好きな人におすすめの「生ピーナッツを使った代用コーヒー」の作り方をご紹介します。

ピーナッツコーヒーの作り方

中華食材のお店で扱っている生ピーナッツを用意してください。殻付きのものは、殻と皮をむいて実を軽くつぶしておきます。

そして、熱したフライパンにピーナッツを入れ、炒めます。5分ほどで色づき始め、10分のところでいったんフライパンから取り出します。

コーヒー用に10g~15gほどを計り、再び火にかけてお好みの炒り具合までじっくりと炒めて、コーヒー色になったらピーナッツコーヒーの完成です。

ピーナッツの栄養について

ピーナッツの栄養は、調理しても溶けだしにくいといわれていますので、ピーナッツコーヒーを楽しむ時は、一緒にピーナッツを食べるのがおすすめです。10分ほど炒ったピーナッツをコーヒーのトッピングや、料理に使うようにするといいでしょう。

ピーナッツコーヒーのレシピ

  • 炒りピーナッツ:10g~15g
  • お茶パック:1袋
  • ホイップクリーム:お好みの量

ピーナッツをお茶パックに詰め、封をする

マグに入れ、湯をそそぐ

5分ほど蒸らしたら、ピーナッツコーヒーのできあがり

ホイップクリームをのせて、デザート風にアレンジ

ピーナッツは、強火で炒ると表面だけ焦げてしまうので中火でじっくり火をいれるのがおすすめです。お茶パックの他に、コーヒープレスで楽しむのもいいですね。

香ばしい一杯

ピーナッツを深く炒り、コーヒーにみたてたノンカフェインコーヒーは、香ばしさが楽しめる一杯です。ホイップクリームを入れると、キャラメルラテのようなクリーミーな味わいが楽しめます。

ノンカフェインピーナッツコーヒーのアレンジ術 まとめ

ピーナッツコーヒーは、コーヒーに似た香ばしさが楽しめるノンカフェインコーヒーです。

ほどよく炒ったピーナッツや、ナッツ系の菓子を合わせて、思いっきり香ばしさを楽しむのもおすすめです。

ノンカフェインコーヒーの中でもクセのないやさしい味わいなので、ホイップクリームでデザート風に作ってもあっさりと楽しめますよ。時間を気にせず楽しめるピーナッツコーヒーを試してみてはいかがでしょうか。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。