コーヒーをもっと趣味に

フォームドバターミルクコーヒーの作り方【フォームドミルクのレシピ】

フォームドバターミルクコーヒーの作り方【フォームドミルクのレシピ】

起き抜けの一杯にコーヒーは欠かせない、という方は多いと思います。リッチな風味のフォームドミルクをアレンジし、忙しない午前を乗り切るコーヒーを作ってみませんか。今回は、フォームドバターミルクコーヒーの作り方をご紹介します。

バターでリッチな風味を楽しもう

フォームドミルクといえば、まろやかなでふんわりとしたミルクの香りが特徴的ですが、バターを加えることで、濃厚でリッチなフォームドミルクに昇華することができます。いつものコーヒーをバター風味に変えるだけで、贅沢でほどよい重みを持つリッチな味わいに変身しますよ。

バターは朝がおすすめ

バターを使ったコーヒーは、朝摂るのがおすすめです。朝の乳製品は、午前中に身体が使うエネルギーとなることで知られています。大事な仕事がある時や、何か集中しなければいけない時、エネルギーも充電できる朝コーヒーとして、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

朝コーヒーには正しい飲み方がある?

寝起きの一杯にまずはコーヒーを、という方は多いのではないでしょうか。目を覚ますため、行動を起こすスイッチとして、カフェインを含み口当たり苦めなコーヒーは欠かせませんよね。

しかし、コーヒーは実は“空腹時に飲んではいけない”という謂れをご存知でしょうか。これは胃液の分泌を促すカフェインの作用に起因しているそうです。お腹が空いている状態でコーヒーを飲むことで胃が荒れてしまい、むしろ気持ち悪くなってしまうケースがあるのです。

ミルクとバターは朝の胃に優しい

そのため、胃の粘膜を守ってくれる“牛乳”、そしてエネルギーとなる“バター”の組み合わせは起き抜けの一杯としてとても優秀とされています。朝食を摂る時間はないけどコーヒーは飲みたい、そういった時、今回のフォームドアレンジはとてもおすすめですよ。

フォームドバターミルクコーヒーのレシピ

  • インスタントコーヒー:2g
  • バター:5g
  • 牛乳:50ml

深めの容器に、バターと牛乳を入れ温める

カップにインスタントコーヒーを入れ、注湯する

温めたバターミルクをフォーミングし、コーヒーにのせて

できあがり

バターは常温に戻してから牛乳と合わせてください。使用する牛乳によっては、泡立ちが悪い場合もあります。その時はミルクを増やすか、もう少しレンジで温めてからフォーミングするようにしましょう。

リッチな味わいの一杯

コーヒーにフォームドバターミルクを合わせると、リッチな味わいの一杯になります。ひとくち飲むたびにバターのソルティな味わいが感じられますが、飲み進めるうちにバター特有のコク深い味わいがクセになりますよ。

また、リキュール入りのチョコレートと一緒に楽しむことで、大人リッチな味わいに変化し夜の一杯としても楽しめるのでおすすめです。

フォームドバターミルクコーヒーの作り方 まとめ

バターを使ったフォームドミルクをコーヒーに合わせることで、リッチな味わいのコーヒーを楽むことができます。バターとミルクの組み合わせは、意外にも重たい風味にはならず、コーヒーに奥行きを作り立体的な味わいを楽しめるようになります。

午前中を乗り切るために必要なエネルギーを摂ることもできる、フォームドバターミルクコーヒー。いつものコーヒーをリッチにアレンジし、起き抜けの一杯として試してみてはいかがでしょうか。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。