コーヒーをもっと趣味に

カフェ・ロワイヤルとは?【特徴と作り方】

カフェ・ロワイヤルとは?【特徴と作り方】

カフェ・ロワイヤルというコーヒーをご存知でしょうか?「ロワイヤル(フランス語:王家の)」という響きだけで、どこか高貴でオトナっぽいコーヒーに思えてしまいます。

そんなカフェ・ロワイヤルの作り方と詳細についてお教えします。

カフェ・ロワイヤルとは?

燃えるコーヒー

カフェ・ロワイヤルの最大の特徴は、「燃える」ところにあります。ブランデーを染み込ませた角砂糖を、なんと燃やすのです。するとブランデーの香りが立ち、そして砂糖が溶けブランデーと混ざるのです。

多くのブランデーは、アルコール度数が40度以上あるため、着火することでアルコールが燃えるのです。その燃える姿から、カフェ・ロワイヤルはしばしば「幻想的なコーヒー」と言われます。

名前通り「ロワイヤル」なコーヒー

カフェ・ロワイヤルを愛した有名な人がいます。それはフランス革命の立役者である皇帝ナポレオンです。

定かではありませんが、当時の庶民には手の届かないブランデーを用いて、王室や貴族など権力者が飲んでいたことが、カフェ・ロワイヤルの由来とも言われています。まさに名前通りのコーヒーです。

変わった形のロワイヤルスプーン

カフェ・ロワイヤルに欠かせない道具が、ロワイヤルスプーンです。

ロワイヤルスプーンは先端が鉤状になっており、カップに引っ掛けることができます。引っかけるとスプーンが水平になるので、この上に角砂糖を置いて燃やすのです。

ロワイヤルスプーンが無いときは……

ロワイヤルスプーンはなかなか販売されておらず、手に入れるのが難しいです。そんなときは、どうすれば良いのでしょうか?

一つは手でスプーンを持つ方法です。この場合は、柄の長い食事用のテーブルスプーンを用いることをオススメします。もう一つの方法はアルミ製のスプーンの先端をプライヤで曲げて、即席ロワイヤルスプーンを作る方法です。

ロワイヤルスプーンを販売している店は少ないため、見つけたときに買っておくことをオススメします。

カフェ・ロワイヤルの作り方

ではこれからカフェ・ロワイヤルの作り方をご紹介します。

ロワイヤルスプーンを探すことは大変ですが、道具が揃うと意外と簡単に作れてしまうのです。

準備するもの(一杯分)

  • コーヒー:一杯分
  • 角砂糖:一つ
  • ブランデー:適量
  • ロワイヤルスプーン:一つ
  • マッチやライター

コーヒーを選ぼう

カフェ・ロワイヤルに使用するコーヒーの重要な点は、ブランデーと砂糖に合うコーヒーです。

オススメは、コクがあって優しい味わいのコーヒーです。ブランデーは芳醇な味わいのため、コクのあるコーヒーとの相性が良いです。また優しい味のものを選ぶことで、ブランデーの風味を存分に楽しむことができます。

一方で、酸味や苦みが強いコーヒーは、ブランデーの風味が負けてしまうためオススメできません。

作り方

まずはカップにコーヒーを注ぎます。そして温めたロワイヤルスプーンを上に角砂糖を置きます。ロワイヤルスプーンは、あらかじめ温めておくと着火しやすくなります。

次に角砂糖全体にブランデーを染み込ませます。こちらのブランデーも50~60℃近くに温めておくと、着火しやすくなります。

そしてマッチやライターで角砂糖を燃やします。

この時の炎は青白く暗いため、炎を見たい方は部屋を暗めにしてください。すると燃える様子を見ることができます。

最後に火が消えたら、溶けた角砂糖ごとコーヒーに混ぜて、出来上がりです。

カフェ・ロワイヤルで幻想的な時間を

カフェ・ロワイヤルは、夕食後に飲むとオススメです。

例えばフランス料理を食べた後に、ディジェスティフ(食後酒)とカフェの時間を兼ねて、飲んでみてはいかがでしょうか?幻想的なコーヒーは話題の種にもなりますし、ゆったり歓談に耽るには持ってこいのコーヒーです。

カフェ・ロワイヤルと一緒に、少し高貴な時間を過ごしてみませんか?

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。