コーヒーをもっと趣味に

妊娠中・授乳中におすすめのデカフェレシピ

妊娠中・授乳中におすすめのデカフェレシピ

妊娠中や授乳中は避けた方がよいとされているカフェイン飲料。少量なら大丈夫だとも言われていますよね。今回は、妊娠中・授乳中におすすめのデカフェレシピとその効果について見ていきます。

妊娠中のコーヒーについて

妊娠中にコーヒーを飲まないほうがいいと言われているのは、妊娠中は普通の時に比べてカフェインの分解に時間がかかり、胎盤を通じて赤ちゃんにも影響がでることが心配されるからです。

特に妊娠初期は、胎盤を完成させるデリケートな時期にあたるため、コーヒーなどのカフェイン飲料は極力摂らない方がいいといわれています。

妊娠中のコーヒーは適量以下で

コーヒーは1日1~2杯なら問題ないとされているものの、カフェイン耐性には個人差があります。そのため、コーヒーの影響を受けやすい方や体調が悪い時などは控えた方が安心です。

また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には鉄分の吸収を妨げる作用があるので、食事前後1時間は避けてください。普段からコーヒーを飲んでいる方は、妊娠したからコーヒーを控えなくちゃ、と気にしすぎるとストレスになるので、適量の範囲とタイミングをみて上手にコーヒータイムを楽しんでくださいね。

授乳中のコーヒーについて

授乳中のコーヒーも、妊娠中と同様に1日1~2杯なら問題ないといわれていますが、授乳の際にコーヒーの成分が1%ほど母乳に入り込むため、せめて授乳後にコーヒーを飲むようにしましょう。

妊娠中・授乳中はデカフェがおすすめ

妊娠中も授乳中も、食べ物や飲み物などの成分が気になるデリケートな時期です。コーヒーは適量なら飲んでも大丈夫!と言われても、やっぱり気になっちゃいますよね。

そんな時におすすめなのがデカフェです。デカフェは通常のコーヒーに比べてカフェイン含有量が少ないので、安心して楽しむことができますよ。

おすすめのデカフェレシピ

デカフェアーモンドミルクオレ

デカフェ_アーモンドミルク

デカフェコーヒーとあたためたアーモンドミルクを、1対1でカップに注ぎ、完成です。

市販のアーモンドミルクは甘みがついているので、砂糖などを加えずそのまま飲みましょう。アーモンドミルクには黄体ホルモンの原料になるビタミンEが含まれていて、妊娠中のホルモンバランスを整えたり、老化を抑制する作用があるといわれています。

コーヒーの香りで癒されながら、産前産後に必要な栄養素も摂れるおすすめレシピです。

妊娠中・授乳中におすすめのデカフェレシピとその効果まとめ

妊娠中や授乳中のコーヒーは、1日1~2杯なら問題ないといわれています。しかし、食事前後1時間は避ける、授乳前は避けるなど、細かな制約があるので面倒でもあります。

そんな時におすすめなのが「デカフェ」です。通常のコーヒーより90%以上カフェインがカットされているので、安心して楽しむことができますよ。

ご紹介した「デカフェアーモンドオレ」は、アーモンドミルクとデカフェコーヒーを合わせるだけの簡単レシピ。コーヒーの香りに癒されながら、産前産後に必要なビタミンEが摂れるのでおすすめです。妊娠中も授乳中も、いつもと変わらないコーヒータイムを過ごしませんか。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。