コーヒーをもっと趣味に

エスプレッソに合うコーヒー豆の挽き方

エスプレッソに合うコーヒー豆の挽き方

エスプレッソも広く認知され、自宅で楽しめるエスプレッソマシンには、本格的な手動式のものから、全自動のもの、より手軽に淹れられるポッドやカプセルを使ったものまでさまざまです。

ポッドやカプセルを使うマシン以外では自分でコーヒー豆を準備しなければなりませんが、どのような豆が適しているのでしょうか。

今回はエスプレッソに適したコーヒー豆の挽き方の特徴をご紹介しましょう。

エスプレッソの特徴

イタリアでは最もよく飲まれているコーヒーで、イタリアでCaffèはエスプレッソのことを指します。専用のマシンなどを使い高い蒸気圧を発生させ、その圧力でお湯を瞬間的にコーヒー粉の中に通して抽出します。

高い圧力がかかることによって、コーヒー成分は凝縮し、油分もうまく混ざり合い、苦味がありながらまろやかでとろっとした口当たりになります。基本は約7gの豆を使い、20~30秒の短時間で約30ml抽出します。

エスプレッソに合うコーヒー豆の挽き方と注意点

コーヒー豆の挽き方には段階があり、細かい方から極細挽き、細挽き、中細挽き、中挽き、中粗挽き、粗挽きなど5~6段階に分けられることが多いです。粒度が細かくなるほど苦味が強く、粗くなるほど酸味が出やすくなります。

また、抽出されるコーヒー液の濃度は、細かいほど濃く、粗いほど薄くなるという特徴があります。

エスプレッソには極細挽きがおすすめ

エスプレッソは豊かな苦味を楽しむコーヒーなので、その特徴を十分に引き出せる極細挽きが適しています。また、極細挽きにすることによってコーヒー豆の成分が溶け出しやすくなり、抽出時間が短くても濃厚なコーヒーを淹れることがでできるのです。

しかし、極細挽きが適していると言っても、細か過ぎるとフィルターが目詰まりを起こし、20~30秒では抽出されず時間がかかってしまうことがあります。また、豆の種類によっては、極細挽きにすると粘りのあるしっとりとしたコーヒー粉になることがあり、これも目詰まりの原因になります。

このような場合は、もう少し粗く挽く必要がありますので、抽出する際には時間を計り、出てくるコーヒー液の状態をよく見て、適切であるか判断しましょう。

極細挽き対応のコーヒーミルは高価

ちなみに、極細挽きまで調節可能なミルは限られており価格も高めです。細か過ぎると目詰まりを起こすマシンもあることから、現在持っているミルが極細挽きに対応していなくても、可能な限り細かく挽いてみてください。そのコーヒー粉を使い、抽出がうまくいき、味も納得できるものであれば、買い足す必要はないかもしれません。一度試す価値はあると思います。

 

豆を挽くタイミング

粒度に加えて重要になってくるのが、豆を挽くタイミングです。豆を挽くと表面積が大きくなり、酸素に触れる部分も多くなるため酸化しやすくなります。酸化が進むと酸味が強くなるなど風味が変化し、豆本来の味を楽しめなくなってしまいますので、それを防ぐためにも、豆は淹れる直前に挽くのが良いでしょう。

これはどの抽出法にも当てはまることですが、特にエスプレッソは極細挽きにするためより表面積が増し、酸化する速度も速くなることが考えられますので、注意が必要です。

コーヒー豆の挽き方「エスプレッソ」の特徴まとめ

豊かな苦味と少量でも濃厚な味わいを楽しめるエスプレッソの魅力を引き出すのは、「極細挽き」という挽き方も一役買っていることがわかりました。極細挽き故に起こる問題を理解し、ご自身の持っているマシンやミルの個性に合わせて調節を繰り返すことも、おいしいエスプレッソを淹れる秘訣のひとつと言っても過言ではないでしょう。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!