コーヒーをもっと趣味に

コーヒー豆の挽き方「一つ穴式」の特徴

コーヒー豆の挽き方「一つ穴式」の特徴

ペーパーフィルターを用いたハンドドリップを、自宅で楽しむ人も多いのではないでしょうか。その際に使うドリッパーには種類があり、底に1つだけ穴が開いている1つ穴式、2つ3つと複数の穴が開いている複数穴式、円錐形で底に開いた穴からペーパーフィルターの先を出して使う円錐型などです。

今回はその中でも1つ穴式に焦点を当て、1つ穴式に合うコーヒー豆の挽き方についてご紹介いたします。

1つ穴式ドリッパーの特徴

1つ穴式のドリッパーで有名なのは「メリタ」です。メリタはコーヒー機器を製造するドイツのメーカーで、ペーパードリップシステムを初めて開発し、その後1つ穴式を確立したことで知られています。

現在では、扇形をした1つ穴式のドリッパーは「メリタ式」と呼ばれるほどになりました。その特徴は、穴が1つだけなので抽出時間を一定にでき、“蒸らし”をした後、湯は1回で注いでしまい、湯にコーヒー粉を浸けるようにして抽出する点でしょう。これによって、いつでも安定した味わいのコーヒーを淹れることができます。

また、水分量の多い浅煎りの豆では目詰まりを起こしやすいので、中深煎りか深煎りの豆を使用し、コク深く重みのある味わいを楽しむのが基本です。

コーヒー豆の挽き方(粒度)の段階

「豆を挽く」と一言で言っても、その細かさは様々あります。粉の細かさは「粒度(メッシュとも言う)」と呼ばれ、粒度によって適した抽出時間や器具、そして味わいも異なってきます。

大まかに言うと、粒度が細かいほど抽出されるコーヒー液の濃度は濃く苦味も強くなり、粒度が粗いと濃度は薄く酸味が出やすくなるという特徴があります。

粒度の段階はお店によっても異なりますが、大きく分けて4段階に分けられます。

  • 極細挽き
    白砂糖ほどの大きさ。この大きさまで挽くには専用のミル(グラインダー)が必要になります。苦味が強く出るので、エスプレッソに最適です。
  • 細挽き
    グラニュー糖ほどの大きさ。ウォータードリップ(水出しコーヒー)やドリップ式で苦味やコクを強めたいときに向いています。
  • 中挽き
    ザラメ糖とグラニュー糖の間くらいの大きさ。挽き具合としては最も一般的です。ペーパードリップやネルドリップ、コーヒーメーカーに向いています。
  • 粗挽き
    ザラメ糖ほどの大きさ。お湯で煮だして抽出するパーコレーターなどに向いています。

※これをさらに分けて、極細挽き、細挽き、中細挽き、中挽き、中粗挽き、粗挽きなど56段階に分けているお店が多くあります。

1つ穴式に適したコーヒー豆の挽き方

1つ穴式では、穴は1つなので湯が落ちるのに時間は長くかかりますが、蒸らした後は1回で湯を注ぎ切ってしまうため、湯を何回かに分けて注ぐ抽出方法に比べるとトータルで抽出にかかる時間は短くなります。

そのため、湯の通過スピードが遅く、成分が抽出されやすい細挽き~中細挽きほどの挽き方が適しています。

しかし、複数穴式と同じように湯を何回かに分けて注ぎたい場合は、細挽きでは濃くなり過ぎてしまうので、もう少し粗い挽き方にした方が良いでしょう。

コーヒー豆の挽き方「1つ穴式」の特徴まとめ

湯は一気に注ぎ入れ、コクや重みを重視した味わいを楽しむ1つ穴式の抽出法では、細めの挽き方がおすすめです。しかし、自分の好みによっては、中挽きくらいが丁度良いこともあるでしょう。

ここに記した挽き方はあくまでも「基準」とし、味の好みや豆の個性によって使い分けることも、おいしいコーヒーを淹れるポイントになります。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!