コーヒーをもっと趣味に

夏に飲みたいアイスコーヒーの淹れ方

夏に飲みたいアイスコーヒーの淹れ方

皆さんはアイスコーヒーをどのようにして淹れていますか?実は、アイスコーヒーはホットコーヒー並みに淹れ方のバリエーションが豊富なのです。今回は淹れ方に焦点を当て、ご紹介させていただきます。

直接、氷で冷やす

夏に飲みたいアイスコーヒーの淹れ方_直接冷却

一般的な方法といえば、濃く抽出したコーヒーに直接氷を投入して冷やす方法です。そして解けた氷がコーヒーを薄め、丁度良い程度の濃さにして飲む方法です。
この淹れ方のメリットは「手軽」であることです。ホットコーヒーで使う器具をそのまま流用できます。しかし、氷の解ける量とコーヒーの抽出量を間違えると、味が薄い、もしくは濃い層があったりとバラつきが発生してしまいます。

現在では、カリタやハリオから“アイスコーヒー用のドリッパーセット”が販売されているので、それらを使ってみるのもいいですよ。

間接的に冷やす

夏に飲みたいアイスコーヒーの淹れ方_間接冷却

もう一つの一般的な淹れ方は、コーヒーに直接氷を入れるのではなく、サーバーなどの容器ごと氷で冷やす方法です。この方法は何といっても味が薄くならない点にあります。そのため、コーヒー自体は普段ホットコーヒーを抽出するかのように淹れることになります。

濃いアイスコーヒーを飲みたい方に

この方法の最大の特徴である“コーヒーが薄まらない”点を活かして、濃いアイスコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?
深煎りのコーヒー豆を使って、通常の倍の量で抽出した濃いコーヒーを使用することで、黒ビールのような濃厚でキレ味抜群のコーヒーに仕上がります。

モカ・エキスプレスで抽出して冷やす

夏に飲みたいアイスコーヒーの淹れ方_モカ・エキスプレス

ペーパードリップで濃く抽出したコーヒーを冷やす方は多いのではないでしょうか。モカ・エキスプレスを使ってみてはいかがでしょうか。
モカ・エキスプレスは、家庭でエスプレッソのようなコーヒーを抽出できる器具です。使用方法は、水と極細挽きのコーヒー豆をセットして火にかけるだけなので、非常に簡単です。
エスプレッソから想像できるように“濃いコーヒー”のため、冷やしても飲みごたえのあるアイスコーヒーに仕上がります。

エスプレッソで作る:シェカラート

夏に飲みたいアイスコーヒーの淹れ方_シェカラート

最近では、家庭用のエスプレッソマシーンが手に入りやすくなり、マシーンを持っている方も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメしたいアイスコーヒーがシェカラートです。
シェカラートの最大の特徴は、名前の通りシェークすることでコーヒーが泡立つことです。この泡がとても柔らかく美味しい。美味しいビールの泡が美味しいように、美味しいエスプレッソを使ったシェカラートの泡もまた格別です。

シェカラートの作り方

  1. シェーカーにエスプレッソ(ダブル)、ガムシロップ、氷を入れます。
    ※エスプレッソの熱で氷が解けるので、シェーカーのボディから氷が少しはみ出すくらい多めが良いかもしれません。
  2. シェーカーの表面に霜が付着するくらいまでシェークする。
  3. あらかじめ冷やしておいたグラスに注いで完成です。
    ※泡の上にコーヒー豆を1粒飾ると見栄えが良くなります。

インスタントで作るコーヒー:フラッペ

夏に飲みたいアイスコーヒーの淹れ方_フラッベ

フッラペと聞くと、スターバックスの「フラペチーノ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。フラッペはもともとギリシャ発祥のコーヒーで、甘く冷たいコーヒーです。
フラッペはインスタントコーヒーを使うため、手軽で、さらに泡立っているのがオシャレで美味しいコーヒーです。

フラッペの材料(1人分)

  • インスタントコーヒー:小さじ2杯
    ※粉状で水に溶けるインスタントコーヒー
  • 砂糖:大さじ1~2杯
  • 水:30ml
  • ミルク:150ml

フラッペの作り方

  1. インスタントコーヒー、砂糖、水を容器に入れてミルクフォーマーで泡立てていきます。※割と硬めの泡が立つまで泡立てたほうがオススメです。
  2. 冷やしたロンググラスにクラッシュト・アイス、泡立てたコーヒー、ミルクの順で混ぜて完成です。

ウォータードリップ

夏に飲みたいアイスコーヒーの淹れ方_ウォータードリップ

古き良き喫茶店でアイスコーヒーを注文するとみられる器具が、ウォータードリップです。現在では、喫茶店で見ることのできる数万円するアンティークなものから、数千円でスタイリッシュなデザインのものまで幅広いラインナップがあります。
使用する豆は、基本的に深めの焙煎(フルシティ~フレンチロースト)がオススメです。抽出時間が7〜8時間かかるため、忙しい方は寝る前にセットしておくと、朝起きたときにちょうど出来上がります。

ゆっくり、まったり過ごすためのアイスコーヒー

ウォータードリップで抽出したコーヒーの特徴は、深みがありつつ繊細でシルクのような柔らかさを持ち合わせている点です。そのため他のアイスコーヒーと違い、まったり過ごしたい時や、物思いに耽りたい時には最適です。

また、一滴ずつゆっくりと抽出するので、休日などに心身ともにスローライフを過ごしたいとき、そばに置いてあると癒される抽出器具でもあります。

水出しコーヒー

夏に飲みたいアイスコーヒーの淹れ方_水出しコーヒー

ウォータードリップのような器具を持っていない方にオススメの方法が、今からご紹介する水出しコーヒーです。コーヒー豆と容器があれば作れてしまう、容易さも魅力のコーヒーです。
味はウォータードリップに比べてまろやかで、あっさりしています。

簡単だけど豆を選ぶコーヒー

作り方はコーヒー豆を水に浸すだけです。コーヒー豆はお茶パックにいれておくと、コーヒー豆を捨てるのが容易になるのでオススメです。

しかし、抽出方法がフレンチプレスと似ているように、この方法は豆の味がそのまま出てしまう傾向にあります。さらにフレンチプレスより時間が長いため、鮮度が悪いと味が劣化してしまい、酸味が強い豆だと酸味が際立て飲みづらくなります。そのため、シティロースト以上の深さの焙煎がオススメです。

夏に合うアイスコーヒーの淹れ方まとめ

アイスコーヒーといえども多くの淹れ方があります。それぞれの淹れ方によって、出来るアイスコーヒーの味は変わってくるので、様々な方法で試してみるのも良いかもしれません。
普段、氷で冷やしているだけのアイスコーヒー。ちょっと趣向を凝らして“淹れ方”を変えてみるのも面白いですよ。

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。