コーヒーをもっと趣味に

美味しいコーヒーの基礎学【ドリップ:抽出時間編】

美味しいコーヒーの基礎学【ドリップ:抽出時間編】

美味しいコーヒーを楽しむためには、コーヒー器具に合った抽出時間を守ることが大切です。今回は、ドリップコーヒーの淹れ方における、抽出時間についての基本を見ていきましょう。

ベストな抽出時間を知ろう

コーヒーが美味しくなるベストな抽出時間は、コーヒー粉に注湯する時間から計って3分前後だと言われています。3分という限られた時間の中で、抽出工程の全てを完璧に行うことがポイントになります。使用する器具によって違いはありますが、キッチンタイマーや砂時計を使ってベストな抽出時間にチャレンジしてみてくださいね。

蒸らしをしっかり行う

3分という限られた時間の中でも、コーヒーの「蒸らし工程」はとても大切な時間です。コーヒーの成分を最大限に引き出すのにおすすめの蒸らし時間は、20秒から30秒(40秒とも言われています)。しっかりと蒸らしを行い、美味しいコーヒーに近づけましょう。

注湯の基本

蒸らしが終わったらコーヒー粉の中心から「の」の字を描くようにお湯の太さを一定にして湯を落としていきます。2,3回に分けて注湯するのですが、常に前に注いだ湯が落ち切らないうちに次の注湯を開始することが大切です。ドリッパーによっては注ぐ湯の太さを太くしたり細くしたり、調整が必要なものもあります。

美味しいコーヒーを淹れる近道

美味しいコーヒーを淹れるには、道具にこだわるのが一番の近道だと思います。いくら美味しいコーヒー豆が手に入ったとしても、湯の温度ひとつ、注湯のタイミングや方法で味が変わってしまいます。

あまり道具にこだわったことがない、という方も、美味しいコーヒーのために揃えてみてはいかがでしょうか。いつものコーヒーが、より美味しい一杯へと生まれ変わるかもしれませんよ。

おすすめ器具

美味しいコーヒーを淹れるためのおすすめ器具は「細口ポット」です。細口ポットが一つあれば、“一定の太さで注油がしやすい”ため、理想的な注湯を行うことができます。そして、使用するドリッパーもメーカーを決め、専用のフィルターを使用することで、理想的な抽出を行うことが簡単になります。まずは細口のポットを探してみましょう。

ドリッパーとミルの関係

ドリッパーの穴の数によって、抽出されるコーヒーの味わいが変わります。穴の数が少ないと、コーヒーと湯の接する時間が長くなるため、味は濃くなります。逆に、穴の数が多いドリッパーの場合はコーヒーと湯の接する時間が短くなるため、味は薄めのあっさりとした風味になる傾向があります。

ベストな抽出時間でコーヒーを完成させるためには、穴が少ないドリッパーの場合はやや粗挽きで、多いものは中挽きにするなど、粒度の調整で時間を合わせることも大切です。

美味しいコーヒーの基礎学【抽出時間編】まとめ

抽出時間の美味しいコーヒーの極意は、コーヒーの抽出工程を3分前後で完成させることです。限られた時間の中でも必要な蒸らし、基本の注湯などのポイントはきちんと押さえることで、より美味しいコーヒーを淹れることができますよ。

普段お使いのコーヒー器具に合わせて、豆の挽き具合や注湯のタイミングなどを調整するのもおすすめです。ベストな抽出時間を目指して、より美味しいコーヒーを淹れてみてください。

基本を身につけたら、抽出工程のひとつひとつのやり方を学んでいくようにしましょう。お湯の注ぎ方ひとつをとっても繊細なコーヒー、どれだけ美味しく淹れることができるかも面白いポイントです。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!