コーヒーをもっと趣味に

エアロプレスの使い方・淹れ方

エアロプレスの使い方・淹れ方

エアロプレスは、最近の新たな流行の抽出器具として注目を集めています。その理由は、何といっても「斬新さ」です。

手で押してポンプで押し出すように抽出するエアロプレスは、これまでにない新しさ。フレンチプレスでも気圧を用いるエスプレッソでもない、この器具の淹れ方をこれからお話ししていきます。

エアロプレスの淹れ方は何通り?

エアロプレスの淹れ方は一通りであって、何通りでもあります。それはつまり、器具の扱う手順は、皆さん揃って一通りの方法です。しかし抽出時間やプレスするスピードなど細かい点では、人それぞれ。そして生まれてまだ新しいこともあり、ベストな抽出方法はまだ見つかっていないのです。

まず初めに器具の扱う手順を紹介してから、次に人それぞれのアレンジポイントについてお話していきます。

エアロプレスの器具の扱い方

準備するもの

  • エアロプレス一式
  • 頑丈な容器
  • お湯:80℃前後
  • コーヒー粉:中挽き~中細挽き

≪※注意≫

薄手のカップやガラス容器では、抽出するときの圧力で割れてしまうことがあります。そのため、記載の通り必ず頑丈な容器を使用してください。迷った時は厚手のマグカップが無難です。

①  :逆さに置く(Invert方式)

慣れないうちは、インヴァート(=逆さ)という方法でエアロプレスを使うとオススメです。

説明書には逆さに用いる方法は書かれていませんが、多くのお店ではこうして逆さで使う光景が多く見られます。実はこうすることで、液漏れを防ぐことができ、また扱いもかなり楽になるので、初心者にオススメです。

②  :キャップにフィルターを付ける

これは写真の通りにつけるだけです。もしフィルターがキャップから取れてしまう時は、少し水で濡らしてください。すると紙がキャップにくっついてくれます。

また抽出は時間勝負なので、こういった作業は予めしておくことが、美味しいコーヒーの秘訣です。

③  :コーヒー粉を投入する

これからが本番、エアロプレスにコーヒー粉を投入します。このとき、なるべく平らになるように入れておくと、バランスよくコーヒーが抽出されやすくなります。

④  :お湯を加え、攪拌して待つ

コーヒー粉を投入したら、次はお湯を投入します。

そしてお湯を投入したら、軽く攪拌してコーヒー粉とお湯を馴染ませます。その後は任意の時間この状態で待ちます。

⑤  :フィルターと容器をセットする

時間になったら、まず予め用意しておいた「②」のフィルターを取り付けます。

次に容器を逆さにしてかぶせます。これでプレスの準備完了です。

⑥  :ひっくり返して、プレスする

全ての準備が完了したら、ひっくり返します。そしてプレスを上から、ゆっくり押していきます。このときにプレスの力が強すぎると、容器が破損する恐れがあるので、必ずゆっくりとプレスしてください。

また片手では力の重心がズレてしまうので、両手で真上からプレスすることをオススメします。

そしてコーヒーが抽出されたら、出来上がりです。エアロプレスは液漏れを防ぐために、逆さにして置きましょう。

どうすれば美味しく仕上がるのか?

エアロプレスの最大の問題点は、どうすれば美味しく淹れられるか。

エアロプレスは登場してから年月が浅く、未だ発展途上の抽出器具なのです。そのため淹れ方も多種多様です。プロの方を見ていても、それぞれ待ち時間やプレスする速さに差があります。

参考として、2015年・2016年世界チャンピオンのレシピ動画(英語)を載せさせていただいています。

2015年世界チャンピオン

2016年世界チャンピオン

まだまだ、これからのエアロプレス

エアロプレスの淹れ方を言いながらも、何グラムの豆で何秒待つかをお話ししていないのは、淹れ方の説明になっていないかもしれません。しかし淹れ方の定石がないエアロプレスは、その人それぞれの所が最大の面白みでもあります。

いろいろと参考にしたり試してみたりして、自分だけの豆の分量と時間を探してみてください。

それが最も美味しいエアロプレスの方法かもしれません。

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。