コーヒーをもっと趣味に

代表的なコーヒーの抽出方法

代表的なコーヒーの抽出方法

日常に選ばれる飲み物として代表的なコーヒー。一口にコーヒーと括っても、その飲み方は多種多様あります。

豆の種類はもちろん、抽出方法も数多くあります。ここでは、代表的な抽出方法を簡単にご紹介します。

ペーパードリップ

ペーパーフィルターを使用する抽出方法で、家庭で気軽に楽しむことのできる一般的な淹れ方です。フィルターは手軽に購入することが可能で、抽出後はペーパーごと抽出ガラを簡単に捨てることができます。ペーパーが適度にコーヒーオイルを吸収するので、すっきりとした口当たりになります。

”蒸らし”や”湯の細さ”などで風味が大きく変わってくるので、スタンダードな抽出方法ながら技術に左右されやすい淹れ方でもあります。

ネルドリップ

ネルドリップは喫茶店で見かけることの多い抽出方法です。原理はペーパードリップと同じですが、繊維が緩いためコーヒーオイルが抽出されやすい構造をしています。

また、コーヒーの微粒子がフィルター内に留まるので、舌触りの滑らかなコーヒーになります。ネルはろ過スピードが速いので、少し荒めに挽いた豆でゆっくりと抽出するなどのテクニックが必要となります。

ネルフィルターの手入れに手間がかかりますが、味わいの柔らかなまったりとした口当たりが特徴的です。

サイフォン

喫茶店で見かけることも多い、演出効果No.1の抽出方法です。

アルコールランプによって温まった湯が、フラスコの中を上昇します。コーヒー粉と混じりあったところでランプを外し、下部にセットしたフィルターを通ることでコーヒーが抽出されます。沸騰したお湯が上がってゆくため、他の抽出方法に比べ、抽出中はコーヒーの香りが広がります。

しかし、温度が高くコーヒー粉を焼いてしまうため、風味が損なわれやすい抽出方法でもあります。コーヒー粉に湯が通ってゆくためドリップコーヒーに近い抽出方法ではありますが、沸騰した湯温で抽出するため抽出後は香りが飛んでしまいます。

エスプレッソマシン

日本でも有名になりましたが、圧力をかけて抽出するイタリアンコーヒーの抽出方法です。深煎り豆を極細挽きにし、高圧蒸気で一気に抽出します。イメージとしては”凝縮されたコーヒー”というとわかりやすいかもしれません。

カフェラテやカプチーノなどは、このエスプレッソをベースにアレンジされています。また、エスプレッソの本家イタリアでは基本的に砂糖をたっぷりと加えて飲むのがスタンダードなのだそうです。

フレンチプレス

抽出器具とポットが一体化した手軽な方法です。ポットにコーヒー粉を入れてお湯を注ぎ、一定時間経過後(基本的には4分前後と言われている)にフィルターを押し込んで粉とリキッドを分離します。

コーヒー粉がお湯にふれている時間が長いのと、金属フィルターによりコーヒーオイルも抽出されるため、コーヒーの風味がダイレクトに感じられます。金属フィルターで抽出しているため、微粉が苦手な方には向かないかもしれません。

また、コーヒーの銘柄ごとの風味をハッキリと感じることのできる抽出方法のため、単一種のストレートなどを楽しみたい時にはおすすめです。

ウォータードリップ

静かに一滴一滴時間をかけて抽出します。お湯ではなく水でじっくりと抽出していくので数時間と時間がかかりますが、苦味の抑えられたまろやかな味に仕上がります。

基本的にアイスコーヒー用の豆を使用するのが一般的で、浅煎り〜中煎りの豆で抽出することはまずありません。”アイス”でコーヒーを入れると酸味を強く感じるためと言われています。

エアロプレス

近年、ヨーロッパを中心に注目されている抽出方法です。注射器のような形状で、ピストンで圧力を掛けて抽出します。コーヒー粉の細かさでレギュラータイプ・エスプレッソタイプ両方に対応できる優れものです。

イメージとしては、フレンチプレスに近い淹れ方です。

パーコレーター式

ポットのような形状の器具を使った抽出方法です。直火で沸騰させた湯を循環させて抽出していきます。常に高い湯温で抽出するため煮詰まり等もしやすく、技術が必要な淹れ方です。パーコレーター自体は非常に丈夫で、アウトドアなどのシーンに適しています。

その他の抽出方法

ここで紹介した以外にも、トルコ式、ベトナム式など、世界にはポピュラーな淹れ方以外の抽出方法も数多く存在します。中にはその国ならではの淹れ方もあったりと、ひとくくりでは言い切れないほど抽出の方法は幅広いです。

また、それぞれの方法によってコーヒーの風味も変化します。いろいろな抽出方法を試して、お気に入りの1杯を見つけてみるのも面白いかもしれませんね。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!