コーヒーをもっと趣味に

ネルドリップとは

ネルドリップとは

ネルドリップという言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ネルとは、手触りが柔らかく起毛している織物、フランネルのことです。このネルフィルターを使った抽出方法がネルドリップです。

「コーヒーをおいしくいれる最高の抽出方法だ」という人も多くいるようです。ネルドリップで抽出すると、コーヒーの微粒子がフィルター内に留まるのため、舌触りが滑らかなコーヒーになると言われています。

ネルドリップについて、詳しくご説明します。

ネルドリップコーヒーを楽しむ方法

道具

・ネルフィルター
・細口のドリップポット
・サーバーもしくはネルドリップ専用のサーバー

適したコーヒーと分量

・1杯分の目安
中挽きで10~13g程度
粗挽きで13~15g程度

好みや焙煎度合いで加減してみましょう。

※2杯分以上いれるときは、上記の分量×杯数分では濃くなります。合計量から1割程度引くなど調整してください。

ネルドリップ 淹れ方

1:フィルターを準備
初めて使うとき、使う前に軽く水洗いしてからコーヒーかすを入れ、沸騰させたお湯で20分程度煮ます。付着している糊や汚れなどを取り除き、コーヒーとなじませてから使います。

2:フィルターをセット
ネルフィルターに一度お湯を通したら、できるだけ固く絞ります。固く絞ったらしわを伸ばし、セットします。ネルフィルターが冷えないうちにすばやく行ってください。

3:コーヒーの粉を入れます
杯数分のコーヒーの粉をネルフィルターへ入れます。この時、お湯が全体に行き渡りやすくするため、中心を少し窪ませておきます。

4:最初のお湯を注ぎ、蒸らします
まず少量のお湯を、コーヒーの粉全体にまんべんなく含ませるように静かに注ます。コーヒーのおいしい成分を抽出しやすくするため、そのまま20秒程度蒸らします。

5:抽出
サーバーの目盛りを目安にしながら、中心から「の」の字を描くように注いでいきます。3回くらいに分けて注いでいきますが、表面にできた泡の山が沈んでしまわないうちに次のお湯を注ぐようにします。表面の泡を消さず、お湯がすっかり落ちきらないうちに残りを同じように注ぎます。杯数分の分量に達したら抽出完了です。

6:サーバーのコーヒーをカップに移して完了です。
この時、温度が下がりすぎている場合には、サーバーを火にかけて少しだけ温め直します。ただし、香りが飛んでしまうので沸騰しないよう注意してください。

ネルフィルターの保存

使い終わったネルフィルターは、煮沸して付着した粉を取り除きます。煮沸した後は、冷水を入れた容器などに漬けて冷蔵庫内で保管してください。使用しなくても水は毎日取りかえて下さい。

天日で乾かすことは避けましょう。フィルターに残ったコーヒーの油分が酸化し、味が変質することもあります。

ネルフィルターの使用回数

洗う回数を重ねると起毛の繊維は少なくなります。微粒子は布目に詰まりやすくなり、コーヒー液がスムーズに抽出されにくくなります。抽出状態で判断しますが、だいたい30~50回の使用を目安に新品と交換するのがよいでしょう。

ネルドリップの抽出方法

ネルドリップはペーパーに比べ、手間がかかります。慣れも必要で、安定したドリップの技術を習得するまで試行錯誤が必要です。

しかし、非常に探究しがいのある抽出方法です。 大切な人と最高の一杯で至福の一時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!