コーヒーをもっと趣味に

浅煎りコーヒーに合う食べ物とは

浅煎りコーヒーに合う食べ物とは

普段何気なく飲んでいるコーヒーには、どんな食べ物が合うのだろう?そう考えた事はありませんか。いろいろ試してみた方もいるのではないでしょうか。今回は、浅煎りコーヒーに合うおすすめの食べ物、ご紹介します。

浅煎りコーヒーとは

浅煎りコーヒーとは、コーヒー豆の焙煎が浅いコーヒーのことを指します。コーヒー豆は、焙煎の時間をかかればかかるほど、熱によって豆の色が濃く変化していきます。

コーヒー豆が、明るい茶色から暗い茶色まで、グラデーションのように並んでいるお店を見たことがあるのではないでしょうか。その中の「明るい茶色」のコーヒー豆が浅煎りコーヒーです。浅煎りコーヒーを抽出すると、豆の色と同じで比較的明るめな液体になります。

浅煎りの特徴は「新鮮さ」を味わえること

コーヒーには、毎年「ニュークロップ」と呼ばれる新しい豆が出荷されます。お米でいう「新米」です。コーヒー豆は浅く焙煎することで、その豆の持つ香りや風味を最もストレートに感じることができます。逆に、深煎りの場合、風味や熱に弱い成分を飛ばし、コーヒーの象徴とも言える苦味が強く感じられるようになります。

そのため、ニュークロップの特徴である、樹木のあおい香りやフレッシュな酸味を味わい知ることができる焙煎方法は「浅煎り」とされているのです。

浅煎りコーヒーは酸味を楽しむことができる

浅煎りコーヒーは、焙煎時間が短く、コーヒー豆の深部に熱が伝わりにくいので、コーヒー豆のもつ「酸味」を強く感じることができます。酸味はコーヒーにさまざまな味のアクセントをもたらしてくれます。

焙煎時間が短いとコーヒー豆の持つ香りも損ないにくいため、高級豆である「ブルーマウンテン」や「ハワイコナ」を提供する場合に浅煎りで焙煎されることが多いです。

また同様に、浅煎りは「えぐみ」も感じやすい煎り方でもあります。しかし、適温で抽出することでえぐみは弱くなり、爽やかな明るい酸味を感じることはできます。

浅煎りコーヒーに合う食べ物は

食べ物と飲み物の相性がいい状態のことを、「マリアージュ」と呼びます。もともとはワインの世界で使われる用語ですが、「酔わないワイン」と言われるコーヒーでも同様に使われています。

浅煎りコーヒーに合う食べ物。つまりマリアージュは、浅煎りコーヒーの特徴からみて「酸味を生かすことのできる食べ物」がおすすめです。

フルーツ系のケーキや焼き菓子

ひとつ目のマリアージュは、フルーツやドライフルーツを使用したケーキや焼き菓子です。ドライフルーツは、フルーツの酸味をありのまま閉じ込めてあるので、あたたかいコーヒーといただくことで、フルーツの香りと浅煎りコーヒーの酸味が口の中に広がります。

フルーツソースやフルーツジャムと一緒にいただくスコーンも、コーヒーの酸味にマッチしてお互いに引き立て合うので効果は抜群です。

チーズやクリームを使用した食べ物

ふたつ目のマリアージュは、チーズやクリームを使用したケーキや食品です。チーズやクリームを使用した食品は、香りが強く、口の中がもったりとするので浅煎りコーヒーといただく度に、口の中をリセットすることができます。爽やかな酸味のある浅煎りコーヒーを挟むことで、最後まで美味しくいただくことができるのです。

ナッツやサンドウィッチと相性◎

みっつ目のマリアージュは、ナッツやサンドウィッチ。ナッツやサンドウィッチは、どの焙煎のコーヒーにも合うベストフレンド的な存在ですが、その中でも浅煎りコーヒーにおすすめなのはマカダミアナッツと、BLTサンドです。

マカダミアナッツは脂肪分が多く含まれているので、口のリセットにおすすめです。また、BLTサンドに入っているトマトの酸味を生かしながら、食事を楽しむことができます。

浅煎りコーヒーに合う食べ物まとめ

浅煎りコーヒーの一番の特徴は、すっきりとした「酸味」にあります。そのため、少し重めなチーズはクリームとの相性は抜群です。口の中をリセットすることで、もったりした食べ物でも飽きずに食べることができるというわけです。また、フルーツなど、もともと酸味を持つ食べ物とも相性が良いです。

とはいえ、コーヒーとマリアージュの組み合わせは無限にあります。理屈ではなく、自分にとって「最高の組み合わせ」と言える食べ物を探すのも、コーヒーの楽しみ方のひとつです。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!