コーヒーをもっと趣味に

コーヒーとサブレの相性

コーヒーとサブレの相性

みんなで美味しいコーヒーを楽しむ時、サクサクのサブレも一緒にいかがですか。今回はコーヒーのおともにピッタリなサブレとの相性について見ていきましょう。

サブレについて

サブレ

サブレとは、フランスから伝えられた焼き菓子で「砂をまく」「砂を覆う」という意味があります。砂が崩れるようなサクサクとした特徴的な食感が楽しめます。東京のおみやげを代表する“ひよこサブレ”あたりが有名ですよね。

フランスにはクッキーがない?

フランスには、クッキーやビスケットと呼ばれるものがなく、一般的なクッキーのような焼き菓子のことは全て「サブレ」と呼ぶそうです。

また、サブレの語源については諸説あるようで、フランスにはサブレ=シュル=サルトという町があり、ここで焼いたものをサブレと呼んでいたという説があるそうです。

サブレにおすすめのコーヒー

サブレの軽快な口当たりを楽しむのにおすすめのコーヒーは、中深煎りコーヒーです。しっとりとしながらもサクサクとした食感が特徴のサブレは、中煎りコーヒーと合わせることであっさりと楽しめますよ。

実際に合わせてみました

コーヒーとサブレ

今回は、タンザニアストレートの中煎りをサブレと合わせてみました。サブレは他のクッキーに比べるとあっさりとした甘さなので、タンザニアのような酸味を持っているコーヒーでも爽やかな味わいで楽しむことができました。甘さが苦手な人はココアサブレとコーヒーを合わせると、ビターで大人っぽい味わいを楽しめるのでおすすめです。

おすすめの抽出方法

甘さ控えめなサブレは、あっさりとたてられるペーパードリップ抽出がおすすめです。豆はなるべく粗めに挽き、お湯が早く落ちるようなイメージで抽出してみてください。

コーヒーとサブレの相性 まとめ

コーヒーとサブレをよりおいしく楽しむためには、中深煎りのコーヒーとのペアリングがおすすめです。サブレはクッキーなどの焼きがしに比べて甘さが控えめなので、酸味を感じる中煎りのコーヒーでも爽やかに合わせることができます。サクサクの食感のサブレと美味しいコーヒーで、豊かなコーヒータイムを過ごしませんか。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。