コーヒーをもっと趣味に

美味しいコーヒーの基礎学【ドリップバッグ編】

美味しいコーヒーの基礎学【ドリップバッグ編】

コーヒー器具がなくても淹れたてのコーヒーが味わえるドリップバッグコーヒー。スーパーでも色々な銘柄やブレンドを購入できるようになりましたね。今回はドリップバッグコーヒーを、美味しく楽しむための基礎についてお話します。

ドリップバッグコーヒーについて

ドリップバッグコーヒーとは、一杯分のコーヒー粉が入った小さなペーパードリッパーのことで、カップにセットして注湯するだけで簡単にコーヒーを淹れられるというものです。ドリップバッグは、大きく分けてコーヒーにバッグが浸かるタイプと、浸からないタイプがあります。

美味しく淹れるポイント

ドリップバッグコーヒーを美味しく淹れるポイントは、蒸らしの時間をきちんととることです。通常のコーヒー器具でドリップコーヒーを作る時と同じように、コーヒー粉に湯がぽたぽたと落ちるくらいに注湯し、30秒待ちます。その後ゆっくりと湯を回し入れ、コーヒーをカップの容量に合わせてドリップすれば美味しいコーヒーのできあがりです。

蒸らしが大切

ドリップバッグも蒸らしの工程をとるかどうかでコーヒーの風味が変わってきます。蒸らしによって、コーヒー粉ひとつひとつが膨らみ、メインの注湯で美味しい味わいを引き出すことができます。

ドリップバッグをもっと楽しもう

ドリップバッグコーヒーは一杯分のコーヒーを楽しむために作られているので、そのままカップにセットしお湯を注いでできあがり、という楽しみ方が基本ですよね。しかし、どうせならいろんな楽しみ方をしてみませんか?ドリップバッグをより楽しめるおすすめの飲み方を探してみましょう。

ブレンドを作っちゃおう

家族や友人とドリップバッグでコーヒーを飲む時は、複数杯作ることになりますよね。そんな時におすすめなのが、違う種類のドリップバッグコーヒーを合わせて、ブレンドを作ることです。

やり方はとっても簡単!種類の違うドリップバッグを用意して、同じポットに抽出するだけです。コーヒーそのものを混ぜることで、いつものコーヒーが違う味わいで楽しめます。カップに注ぐ前は、軽くかき混ぜてコーヒー液の濃淡がないようにすると、味が落ち着きますよ。

フレーバーで楽しもう

いつものコーヒーを違うフレーバーで楽しみたいな、と思うことありますよね。ドリップバッグコーヒーと、ジャムやシロップがあれば簡単にフレーバーコーヒーを作ることができます。

材料は、パンにつけるフルーツジャムや、食べかけのチョコレートなど家にあるもので大丈夫です。始めにフレーバーのもととなるものをカップに入れて、その上からコーヒーをたててください。オリジナルのフレーバーコーヒーが楽しめますよ。

場所と雰囲気もコーヒーの風味を変える

ドリップバッグコーヒーは、お湯さえ用意できればどこでも楽しむことができます。旅行や出張で、自宅手ゆっくりと過ごせない時でも、お気に入りのドリップバッグコーヒーがあれば、自宅でのコーヒータイムを再現できます。いつでもどこでもドリップバッグを持ち歩いて、美味しいコーヒーを楽しみましょう。

美味しいコーヒーの基礎学【ドリップバッグ編】 まとめ

ドリップバッグコーヒーを美味しいく楽しむための基本は、蒸らし時間をきちんととることです。ペーパードリップなどと同様、蒸らしを行うことで粉が膨らみ、コーヒーの成分を上手に抽出することができます。

ドリップバッグコーヒーのいいところは、自分の好きなようにコーヒーが淹れられることです。湯量とか温度とかおすすめはありますが、自分がこれでいい!これが好き!というポイントで、細かいことに囚われずに淹れたコーヒーは、より美味しく感じられるのではないかと思います。

誰でも自由に楽しめる魅力的なドリップバッグコーヒーを、自分流に美味しく極めてみてはいかがでしょうか。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。