コーヒーをもっと趣味に

エスプレッソから派生した飲み方とその名称

エスプレッソから派生した飲み方とその名称

カフェでオーダーするコーヒーには多様な種類と名があり、今やその区別をつけるのも一苦労…。ここで人気のコーヒーのひとつ、エスプレッソとエスプレッソから派生した飲み方をご紹介します。

エスプレッソとは

エスプレッソとは、フランスやイタリアで最も好まれている…もとい日本でいうドリップコーヒーのように、ごくごく一般的に親しまれているコーヒーです。ヨーロッパのカフェやバルなどでコーヒーを頼んだ場合に基本的に提供されるものであり、日本のカフェのようにあえてエスプレッソとしてオーダーすることはあまりありません。

エスプレッソは、深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を重鎮したフィルターに入れ、沸騰水を加圧状態で濾して抽出します。つまり、ドリップコーヒーなどに比べ凝縮されており、抽出時間も短く、焙煎も強いため、他のコーヒーに比べカフェインの含有量が少なくなっています。

アレンジのベースとして多様的

エスプレッソは濃厚で苦いというイメージが強いですが、コクや甘味、苦みや酸味のバランスがよく、旨みもあり、リラックス効果の高いコーヒーです。

エスプレッソは一般的には「エスプレッソカップ」や「デミタスカップ」と呼ばれる、コーヒーカップの半分ほどの大きさのカップで提供されることが多いです。また、様々な飲み物のベースとして用いられることも多いコーヒーのひとつ。

マキアート

マキアートとはエスプレッソに少量のフォームドミルクを注いだもののことです。本来はエスプレッソにスプーン1杯ほどのミルクを落としたものですが、お店によってはエスプレッソとミルクを1:1の割合で加えることもあり、様々なバリエーションが楽しめます。

カプチーノ

カプチーノとはイタリアで好まれているコーヒーのひとつです。カプチーノはエスプレッソをベースに、クリーム状に泡立てたフォームミルクと蒸気で温められた「スチームミルク」を加えた3層からなるエスプレッソを言います。

一般的に、エスプレッソ、スチームミルク、フォームミルクの割合は1:1:1とされていますが、お店によって多少割合が変わります。

シェケラート

シェケラートとはよく振った(シェイクした)カプチーノのことです。シェーカーに砂糖スプーン1~2杯(又はガムシロップ)、氷3個、エスプレッソを入れ、ふたをしてよく振ります。適当なところでグラスに注ぎ、コーヒー豆を飾ったり、カカオの粉を振ったりします。

アフォガード

アフォガードは、イタリア発祥のデザートです。バニラのアイスやジェラートに飲み物をかけて食べるスタイルのデザートで、イタリア語では「溺れる」を意味します。

イタリアではコーヒーだけではなく紅茶をかけて食べるティー・アフォガード、カシスやカルーアといったリキュールをかけるリキュール・アフォガードも広く浸透しています。

その他のエスプレッソベースアレンジ

上記で紹介した以外にもエスプレッソをベースとしたコーヒーがあります。ここに挙げているもの以外にも、エスプレッソベースのアレンジは多様にあり、カフェやバルのオリジナルのものもあるそうです。

カフェラテ

カフェラテとはイタリアが発祥で、エスプレッソとスチームミルクを混ぜたものです。カフェオレと混合されがちですが、カフェオレは基本的にドリップコーヒーをベースとしているものが多いです。

アメリカーノ

アメリカーノはエスプレッソを3~4倍のお湯で薄めたものです。こちらもアメリカンコーヒーと間違えがちですが、アメリカンはエスプレッソとは違い、基本的に”浅煎り”の焙煎豆を使用します。

エスプレッソルンゴ

エスプレッソルンゴは普通のエスプレソよりも抽出時間を約30秒長くし、抽出量も10~15ccほど多くしたエスプレッソです。

エスプレッソ リストレット

エスプレッソを抽出するときと同量かやや多めのコーヒー豆を使用し、抽出されるはじめの濃い部分のみを使用したコーヒーです。抽出時間も10~15秒と短時間で抽出します。苦みを和らげ、やや甘い味を強調したエスプレッソです。

エスプレッソ コンパーナ

エスプレッソにミルクを入れず、ホイップクリームをのせたコーヒーです。

カフェモカ

エスプレッソにエスプレッソと同程度のチョコレートシロップとスチームミルクを加え、ホイップクリームをのせたものです。風味としてはココアに近いものがあります。

エスプレッソから派生した飲み方 まとめ

上記で紹介したように、エスプレッソに加えるミルクの量やシロップなどによって、様々な種類のコーヒーになります。普段エスプレッソを飲んでいる方もその日の気分でミルクやトッピングを変えてみてはいかがでしょうか。

いつもと違ったコーヒータイムをお過ごしください。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!