コーヒーをもっと趣味に

シェードツリーとは

シェードツリーとは

コーヒー栽培における重要な役割を担う「シェードツリー(shade tree)」をご存知でしょうか。コーヒーノキは品種の数以上に様々な環境の地域で育てられています。今回は、美味しいコーヒーを育てるための大切な脇役「シェードツリー」について見ていきましょう。

シェードツリーについて

より美味しいコーヒー豆を栽培するには、温度や降雨量、栽培する高度など様々な条件があります。その条件のうちのひとつが“直射日光はなるべく避ける”こと。コーヒーノキは直射日光を浴び続けると葉が日焼けしてしまいます。その結果、充分な栄養がコーヒー豆に行き渡らず、コーヒー豆の大きさにバラツキがでてしまいます。

シェードツリー=日陰用の樹木

コーヒー豆の大きさは均一であればあるほど、風味も安定し雑味も少なくなります。そこでより美味しいコーヒー豆を栽培するために考えられたのがシェードツリーです。

「シェードツリー(shade tree)」とは、直訳すると「日陰木」。その名の通り日陰を作るための背の高い樹木のことを指し、コーヒーノキへの直射日光を避けるため一緒に植えて栽培します。

シェードツリーに向いている木

シェードツリーの役割は、コーヒーノキへの直射日光を避けるだけではありません。強風や霜害から守る役割も担い、かつシェードツリーの落ち葉は良質な肥料でもあり、土壌そのものを栽培に適したものにしてくれます。

シェードツリーに向いているとされる樹木は、少ない水分で育つマメ科の高木が良いとされています。また、食べられるという点から、バナナやマンゴーを植える農家もあるそうです。

シェードツリーのメリットとデメリット

シェードツリーのデメリットとして大きいのが、コーヒーノキ以外の樹木を一緒に植える“手間”と、それによる“収穫のしづらさ”、そして、単位面積当たりの”収穫量の少なさ”です。シェードツリーと一緒に栽培しているため、機械での収穫ができず、手摘みで収穫しなくてはならないのです。

一方で、市場に出回っている多くのコーヒー豆は、大規模なプランテーションで単一栽培されているため収穫量が多いです。その反面、単一栽培をするには、“森林伐採”による広大な土地を用意しなくてはならず、また、単一栽培の場合はコーヒーノキが弱いため、農薬や化学肥料も大量に使用しなくてはなりません。

シェードツリーとは まとめ

シェードツリーとは、コーヒーノキを直射日光から守る日陰をつくるための樹木です。シェードツリーに守られて育ったコーヒーノキは、コーヒーチェリーが大きく、熟成の度合いも均一だといわれています。また、木も長持ちで収穫量も安定しているというデータもあるとのこと。

シェードツリーを植えている農園は、自然環境に配慮し、丁寧にコーヒーを育てているところが多いといえるかもしれませんね。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。