コーヒーをもっと趣味に

コーヒーと昼寝の意外な相性と効果

コーヒーと昼寝の意外な相性と効果

コーヒーと昼寝の相性、実はとても良いってご存知でしたか?コーヒーというと眠気覚ましのイメージでよく知られています。しかし、カフェインの覚醒効果は、実は飲んでから20分後と言われています。

コーヒーを”飲んでから”の20分

カフェインの効果が現れるまでの20分だけ昼寝することで、普段よりもスッキリと目を覚ますことができるということ。その後の生産性…つまり仕事の効率アップにもつながるのです。

ただし、20分よりも長く眠ると本格的な睡眠が始まってしまうので、注意が必要です。しっかりと目覚ましをかけておく必要がありそうです。コーヒーと昼寝は意外な組み合わせに思えますが、科学的な根拠はしっかりしてます。

昼寝前のコーヒーが効果的な科学的根拠

コーヒーを飲んだ後に昼寝をする場合、以下の流れでコーヒーの中に含まれる成分が作用します。端的に記載してしまいましたが、概ねこの5段階で言えます。

  1. コーヒーを飲んだ後すぐに、20分だけ睡眠をとります。
  2. 昼寝の効果でアデノシン(脳に疲労感をもたらす物質)が減少します。
  3. 目が覚めるころにカフェインが脳に達します。
  4. カフェインがさらにアデノシンをブロック。
  5. 脳の疲れが回復します。

通常の昼寝では減らしきれない疲労物質を、カフェインの効果で取り除きます。カフェインが脳に達するまでは20分かかると言われているので、その時差を昼寝に当てる仕組みです。

コーヒーを飲む昼寝のコツ

  1. コーヒーは一気に飲む。
    少しずつ飲むと、20分後の覚醒作用が延びます。
  2. コーヒーを飲んだらすぐに寝る。
  3.  完全に眠れなくても気にしなくて大丈夫です。
    まどろむレベルでも昼寝の効果はあると言われています。
  4. 20分後には起きてください。
    これより多く寝ると、深い睡眠に入ってしまい効果が得られません。

コーヒーと昼寝の相性 まとめ

普通、昼寝から起き目覚めたあともだるさが続き、しばらく頭がぼーっとしている状態が続いてしまうもの。今回のこの方法を試してみたところ、頭がすっきりとして、起きた直後からバリバリと作業に取り組むことができます。

仕事中、いつも眠かったりダルいと感じている方も多いはず。ぜひランチの後に試してみてはいかがでしょうか。(効果の程はひとにより様々ですが…)

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!