コーヒーをもっと趣味に

コーヒーにおけるアロマ・フレーバー・フレグランスの違い

コーヒーにおけるアロマ・フレーバー・フレグランスの違い

挽きたて&淹れたてのコーヒーから漂う極上の香り。それを体感したいがためにコーヒー豆を挽くところから自宅で楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。なかには、自家焙煎で豆を煎るところから行う人もいるのでは…?

知っている人は知っている「フレグランス」「アロマ」「フレーバー」という3つの香りについて見ていきましょう。

コーヒーで楽しめる3つの香りについて

コーヒーは焙煎で加熱されることにより、3つの香りを私達に届けてくれます。厳密には、挽いた豆からの香り、飲む直前に感じる香り、飲んだ瞬間に感じる香りです。これらの香りこそが、コーヒーを飲むことでリラックスできると言われるゆえんです。

  • フレグランス
    焙煎された豆、または豆を挽いた粉から感じられる香りを言います。コーヒー豆の販売店などで感じる香ばしい香りや、封を切り開けたばかりのコーヒー豆(粉)から感じる香りは、およそこのフレグランスにあたります。
  • アロマ
    コーヒー液を抽出した時や、淹れたてのカップから感じることのできる揮発性の香りを言います。また、コーヒーの香りを総称して指す場合もあるとのこと。缶コーヒーを開けた瞬間に感じる香りは、このアロマにあたります。
  • フレーバー
    コーヒーを口にした時に感じられる香り。細かく言うのなら、コーヒーを口に含んだ際に口内から鼻腔へ抜けていく香りのことを言います。最初の一口目に強く感じることができ、時間が経ち、酸化し、冷めてしまったコーヒーからはあまり感じることはできません。
    ちなみに、コーヒー液を飲み込んだ時に感じる香りを”アフターテイスト”と言います。

コーヒーフレグランスの豆知識

挽きたての香りで私たちを癒してくれる”フレグランス”。コーヒーフレグランスは、フランスの有名ブランドで香水として、日本国内でも香として製品化されるほどの扱いをされています。

トップノートに甘くフレッシュなフルーツ、ミドルノートにナチュラルなフラワー、ラストノートにブラックコーヒーがふわりと香る、ミステリアスかつ、オリエンタルな香水。香は、実際のコーヒーと相性の良い、シナモンやチョコレートと合わせた香りが楽しめるとのこと。飲めないけれど、コーヒーの香りが好き、という方に試してもらいたい香水です。

コーヒーアロマの豆知識

コーヒーアロマはコーヒーオイルによるもので、心を落ち着かせ癒してくれる効果や、リラックス効果が期待できると言われています。ひいてはストレスの解消にもつながると研究結果が出ており、コーヒーを飲む際には、まずはゆっくりとアロマを感じていただきたいです。

最近の研究では、ブルーマウンテン・グアテマラのアロマにはリラックス効果が高く、ブラジル・マンデリンは集中力を高める効果があると発表されています。その時の気分に合わせて効果的にコーヒーアロマを楽しむのもいいですね。

コーヒーフレーバーの豆知識

コーヒーフレーバーはコーヒーを飲むことによって感じる香りで、フルーツやナッツ、チョコレート、土の香りなど様々なものに例えられます。出されたコーヒーを口に含むその一瞬に感じる、芳醇な香りそのものを指しています。

フレーバーはコーヒーの品種・産地・精製方法などが影響しており、さらにおいしいコーヒーを作るため、新しい品種の開発が続けられているとのこと。

また、最近では様々なアレンジを加えたコーヒーのことをフレーバーコーヒーと呼ぶこともあり、数多くのカスタマイズが楽しまれています。

「香り」が人間に与える影響とは

焙煎度合によって異なる香りの効果

先に先述した通り、産地の豆ごとによっても香りの効果が異なると言われています。コーヒーの香りを嗅ぐことでα波が出て、リラックス効果を得ることができるとのこと。

また、焙煎の度合によっても香りの質が変わってきます。コーヒーの香り全ての効果がハッキリとはされていませんが、もっとも強く焙煎し苦味が強調される「深煎り」は、リラックス効果がもっとも高く、また「中煎り」の場合は集中力が増すとされており、仕事や勉強のお供として最適なのだそうです。

焙煎度合の浅い「浅煎り」は熱をあまり通していない性質上、私たちの知っているコーヒーの香りとは少し異なり、新緑の香りや土の香りが感じられることもあるそうです。

嗅覚は”脳にダイレクトに届く”敏感な感覚

コーヒーから得られた香りの情報は、鼻を通って大脳辺縁系へとダイレクトに届きます。この大脳辺縁系とは喜怒哀楽などの感情を支配する場所で、このルートで到達するのは五感の中でも臭覚だけと言われています。そのぐらい、人間にとって「香り」というのは大きな影響を与えるものなのです。

アロマ・フレーバー・フレグランスの違い まとめ

「アロマ」はコーヒーを抽出した時に感じられる香りで、コーヒーオイルによるものと言われています。「フレーバー」はコーヒーを口にした時に感じられる香り。そして「フレグランス」は豆を挽いた時に感じる香りです。

同じコーヒー豆であってもアロマとフレーバーは感じる場所が違います。また、人間が感じる「香り」の情報は、鼻を通って感情を支配する大脳へとダイレクトに届くのが研究で明らかになっていて、コーヒーが好きな方は、コーヒーの香りを感じることで、コーヒーを淹れる楽しみや飲む喜びを感じられると言われています。

香りを楽しむために忘れてはならないのが、適切に管理されたコーヒー豆を使って、正しい方法で抽出すること。時間が経ち酸化してしまった豆では、風味だけでなく香りも失われてしまうからです。様々な効果が期待できる「コーヒーの香り」を上手に取り入れて、魅力的なコーヒーライフを楽しみましょう。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。