コーヒーをもっと趣味に

コーヒーにおけるアロマ・フレーバー・フレグランスの違い

コーヒーにおけるアロマ・フレーバー・フレグランスの違い

コーヒーの煎りたての香りは、飲む前からおいしさを想像してしますますよね。

コーヒーの香りには「フレグランス」「アロマ」「フレーバー」という3つの香りがあります。

コーヒーで楽しめる3つの香りについて

コーヒーは、焙煎で加熱されることにより、3つの香りを私達に届けてくれます。

  • 焙煎された豆と、グラインドした粉から感じられる香り「フレグランス」
  • コーヒーを抽出した時に感じられる香り「アロマ」
  • コーヒーを口にした時に感じられる香り「フレーバー」

コーヒーフレグランス

コーヒーフレグランスは、フランスの有名ブランドで香水として、日本国内でも香として製品化されています。

トップノートに甘くフレッシュなフルーツ、ミドルノートにナチュラルなフラワー、ラストノートにブラックコーヒーがふわりと香る、ミステリアスかつ、オリエンタルな香水。

香は、実際のコーヒーと相性の良い、シナモンやチョコレートと合わせた香りが楽しめます。飲めないけれど、香りは好きという方にピッタリですね。

コーヒーアロマ

コーヒーアロマは、コーヒーオイルによるもので、心を癒す効果や、リラックス効果が期待できると言われています。

最近の研究では、ブルーマウンテン・グアテマラはリラックス効果が高く、ブラジル・マンデリンは集中力を高める効果があると発表されています。その時の気分に合わせて効果的にコーヒーアロマを楽しむのもいいですね。

コーヒーフレーバー

コーヒーフレーバーは、コーヒーを飲むことによって感じる香りで、フルーツやナッツ、チョコレートなど、様々なものに例えられます。

このフレーバーは、コーヒーの品種・産地・精製方法などが影響していて、さらにおいしいコーヒーを作るために、新しい品種の開発が続けられています。

香りを楽しむために大切なこと

コーヒーの香りの情報は、鼻を通って大脳辺縁系へとダイレクトに届きます。この大脳辺縁系とは、喜怒哀楽などの感情を支配する場所で、このルートで到達するのは五感の中でも臭覚だけと言われています。

そのぐらい、人間にとって「香り」というのは大きな影響を与えるものなのです。

味わいはもちろん、コーヒーの魅力的な香りを最大限に楽しむために、適切なコーヒー豆の管理、コーヒー器具に合ったメッシュ、抽出温度を守り、正しい方法でコーヒーを淹れることが大切なことなのです。

コーヒーにおけるアロマとフレーバーの違いまとめ

「アロマ」はコーヒーを抽出した時に感じられる香りでコーヒーオイルによるものと言われています。「フレーバー」はコーヒーを口にした時に感じられる香りです。

同じコーヒー豆であってもアロマとフレーバーは感じる場所が違います。また、人間が感じる「香り」の情報は、鼻を通って感情を支配する大脳へとダイレクトに届くのが研究で明らかになっていて、コーヒーが好きな方は、コーヒーの香りを感じることで、コーヒーを淹れる楽しみや、飲む喜びを感じられると言われています。

香りを楽しむために忘れてならないのが、適切に管理されたコーヒー豆を使って、正しい方法で抽出することです。様々な効果が期待できる「コーヒーの香り」を上手に取り入れて、魅力的なコーヒーライフを楽しみましょう。

 

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。