コーヒーをもっと趣味に

コーヒーの消臭効果

コーヒーの消臭効果

1日に1杯はコーヒーを飲みながらブレイク。という方も多いのではないでしょうか。手軽なインスタントコーヒーも充分美味しいのですが、やはり豆から淹れる美味しさは格別です。最近では手軽にできる器具も多く販売されているので、ドリップして飲む機会も増えました。

おいしく楽しんだ後のコーヒーの「粉」。普段はそのまま捨てている方がほとんどだと思います。ただ捨てるだけでなく、その高い消臭効果も使い切りましょう。どのようなシーンで使用すればいいのか簡単ですが紹介します。

なぜコーヒーに消臭効果があるの?

「コーヒーの抽出カスには消臭効果がある」と言われていますが、最近になってその効果の裏付けとなる研究結果が公表されました。

コーヒーの抽出カスには、一般的な消臭剤である活性炭と同じような構造をしており、アンモニア臭を吸収するとされています。アルカリ性であるアンモニアに対し酸性であるコーヒーの抽出カスが中和させているそうです。

ドリップ後の水分を含んだカスも効果あり

コーヒーを抽出後、水分を含んだままの状態の抽出カスの方が消臭効果があることも、研究結果で出ているとのこと。水気のある抽出カスは、乾燥させたカスよりもアルカリ成分(アンモニア)を吸収しやすく、より中和性が高いそうです。

コーヒーの出がらしを使った消臭剤 作り方・使い方

排水口に

コーヒー抽出後の粉を熱湯に入れ、そのまま排水口に流すだけ。排水口の嫌な臭いが軽減します。

生ゴミに

よく乾燥させた粉を振りかけると、生ゴミの臭さを軽減してくれます。後はそのまま一緒に捨てるだけです。

靴箱や冷蔵庫に

粉を充分に乾燥させて布などに入れ、靴箱や冷蔵庫に入れておくことで臭いが軽減します。口に入るものが入る冷蔵庫でも、自然の消臭剤なので安心です。適当な布やパックがなくても大丈夫。

空き瓶に粉を入れ、ラップで蓋をしてから爪楊枝などで数カ所穴を開けても代用できます。マスキングテープなどでデコレーションすれば、インテリアとしても楽しめます。

灰皿に

灰皿に粉を入れると、タバコの臭いを防いでくれます。また、粉の適度な水分でしっとり濡れるため、灰を舞い上げて咳き込む事もありません。

防虫剤に

植えた株元に粉を撒いておけば、カフェインなどを嫌って虫が寄りません。自然の農薬なので、野菜などの家庭菜園でも安心して使用できます。

コーヒーの消臭効果 まとめ

簡単に紹介いたしましたがいかがでしょうか。普段は捨ててしまうコーヒーの「粉」。どうせなら賢く、かつ環境にも優しく活用したいですね。コーヒーに癒され、その後も家の中が快適になるのなら一石二鳥です。すぐに始められるものばかりなので、ぜひこの機会にお試しください。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!