コーヒーをもっと趣味に

コーヒーと紅茶はどちらが健康にはいいか?

コーヒーと紅茶はどちらが健康にはいいか?

コーヒーと紅茶はどちらが健康に良い飲み物でしょうか。あまり意識したことがない方も多いと思います。それぞれの効能を確認し、自分に合ったものを選べるよう、簡単にご紹介しましょう。

コーヒーと健康

少し前まで、コーヒーの飲みすぎは発ガンのリスクがあると言われていました。しかし、ハーバート大学によると飲みすぎることの健康への影響は少ないとの研究報告が出されています。しかし、淹れ方によっては悪玉コレステロールを多く吸収することもあるため、注意が必要です。

コーヒーは紅茶に比べ、多くのカフェインを含んでいます。カフェインの効果により、気管支喘息が改善したり、偏頭痛の緩和も期待できます。二日酔いを和らげる効果もあるようです。さらに糖尿病の発症や、アルツハイマーの発症を抑える効果も確認されています。

紅茶と健康

紅茶に含まれるカフェインは30mgとコーヒーより少なく、ポリフェノール合成物を多く含んでいます。このポリフェノール合成物は抗酸化剤と呼ばれており、がん予防にも役立ちます。実際のがんのリスクの減少については、まだ十分な検証が成されていないようです。今後の研究に期待ですね。

全ての紅茶は植物の葉から作られ、収穫後に十分に乾燥させます。乾燥時の酸化する過程において、有害な化学物質が取り除かれます。

アレルギーに悩む方には、紅茶のほうがおすすめです。しかし最近では、中国やインド、スリランカの茶葉から、アルミニウムや鉛なども検出されることもあるようです。健康に気を遣う方は産出国にも注意が必要ですね。

コーヒーと紅茶の健康効果のまとめ

コーヒーや紅茶の効果について様々な研究がされています。膨大な数の報告があるなかで、矛盾した結果も数多くあります。まだ、どちらが本当に優れているのかを決めることはできないようです。

コーヒーと紅茶、共通していることは、どちらも飲みすぎると動悸や不眠症、吐き気を引き起こすことがあります。どちらも、体の調子に合わせて適度な量を守ることが大切です。その日の気分で切り替えたり、シーンに合わせたチョイスを楽しんでください。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!