コーヒーをもっと趣味に

プラハのおすすめカフェ

プラハのおすすめカフェ

チェコ共和国の首都プラハは、古い建造物が多く残っており、最もヨーロッパらしさを見ることができます。そのため、観光で訪れる方も多いのではないでしょうか。今回は、プラハの街を歩き回る上でお勧めなカフェを紹介していきます。

Cafe Slavia:由緒ある高級カフェ

Cafe SlaviaもLouvreと並んで有名なカフェです。というのも、国民劇場の向かいにあるため、『山椒魚戦争』のカレル・チャペックや音楽家など多くの芸術家が通った有名なカフェだからです。

Cafe Slaviaの内装は、シンプルでシックな印象です。カフェは混み合う時もありますが、ランチ・ディナータイムを除いて、大抵の場合、自分で席を選べる余裕があります。

そしてデザートの中でもCafé Slaviaのお勧めとなるのが、パンフレットの表紙を堂々と飾っているこのアイスクリームだそうです。その他にもケーキやクレープがあります。冬のプラハに訪れた時は、ケーキという選択肢もお勧めです。

価格帯はプラハでは比較的高めで、エスプレッソ(シングル)で49Kč、デザートが100Kč前後からと、日本と同じくらいの価格です。

  • 公式サイト(チェコ語・ドイツ語・英語)
    https://www.cafeslavia.cz/en/
  • 店までのルート
    ・最寄駅(トラム):Národní divadlo(ナーロドニー・ディヴァドロ電停)
    ・徒歩:カレル橋の東詰から南へ、ブルタヴァ川沿いを歩くのもお勧めです。

Cafe Savoy:絶品ケーキと美しい天井

Café Slaviaと橋を挟んだ西岸にあるカフェが、このCafé Savoy(カフェ・サヴォイ)です。このカフェは高級感があって接客も素晴らしいのに、価格が意外と安くて気軽に入れるお勧めのカフェです。中でも、店名を冠したDort Savoyは絶品のケーキです。

詳しくはCafé Savoyの記事でご覧ください。

【プラハ】Café Savoy(カフェ・サヴォイ)

Café Lucerna:ヴァーツラフ広場×大人なカフェ

プラハと言えば、ビロード革命。ヴァーツラフ広場に行かれる方も多いでしょう。そのヴァーツラフ広場の近くにあるカフェが、Café Lucerna(ルセルナ)です。カフェはパサージュ・ルセルナという商店街の中にあります。

カフェに入ると、バーやクラブのようなシックな雰囲気に包まれます。「これぞ大人のカフェ」といったような硬派な内装です。

Café Lucernaのメニューも店内の雰囲気と違わず、普通のコーヒーやノンアルコール飲料もりますが、店名を冠したコーヒー“Kavarna Lucerna”はお酒入り。アイリッシュコーヒーに似ていますが、実はクルミ風味の蜂蜜酒が入っていて、美味しくチェコらしいコーヒーです。

このカフェは地元の人も通っており、また比較的静かめなので、観光中の一息にお勧めのカフェです。

  • 公式サイト(英・チェコ)
    http://www.restaurace-monarchie.cz/en/cafe-lucerna
  • 店までのルート
    ・最寄駅(トラム):Václavské náměstí(ヴァーツラフスケー・ナーメスティ)
    ・徒歩:ヴァーツラフ広場のすぐ近くです。

Erhartova Cukrárna:ケーキならココ!

Erhartova Cukrárna(エルハルトヴァ・ツックラールナ)は、カフェと言うよりパティスリーやコンディトライに近いお店です。そのため注目したいのは、コーヒーではなくスイーツです。

お店に入ると、ケーキがズラリと並んでいます。こちらのケーキは個数ではなく重量で売られているので、食べた量がそのまま価格として反映されます。ダイエット中の方は、くれぐれも高価にならないよう気を付けてください(笑)。

またこのErhartovaは、この二つのお菓子が有名です。左のTrdelník(トゥルデルニーク)は、カリフワのロール生地にクリームを詰めています。プラハの屋台でも見かけるお菓子ですが、Erhartovaのものは上品な甘さです。

一方、右のVětrník(ヴェトゥルニーク)は、クリームを挟んだ生地の上をキャラメルソースで固めたお菓子です。中でもErhartovaのものは美味しいと評判なのでお勧めです。

Erhartova Cukrárnaは、付設のカフェで食べることもできますし、テイクアウトすることもできます。そのため、休憩だけでなく、ホテルへ持ち帰るお菓子を買うのも良いでしょう。また本店と支店の二店舗があるので、滞在場所に合わせて寄ってみてください。

  • 支店へのルート
    ・最寄駅(トラム):Radhošťská(ラドゥホシュトスカー)
    ※地下鉄A線Flora駅(フローラ駅)からも歩いて行けます。

Café Louvre:アールデコとコーヒー

Café Louvreは1903年創業のカフェで、プラハ市内の他の老舗カフェと比べると古いわけではありません。しかし繁華街中心部にあり、アインシュタインなど有名人が数多く通ったために、プラハではトップレベルの有名カフェです。

二階に上ってカフェに入ると、ピンクを基調としたアールデコ調の内装が迎えてくれます。

そして席に着くとメニューを渡されるのですが、これが大きい新聞のようで、細かな所にお洒落さが出ています。

その大きなメニューの中でも、カフェルーブルを代表するのがGland Cappuccino “Louvre” です。写真では逆さに映っていますが、カプチーノの表面にはカカオで大きく“L”と書かれて出てきます。

周囲は繁華街でお店も多いので、観光や買い物に疲れた時に寄ってみてはいかがでしょうか。

  • 公式サイト(英語・チェコ語)
    http://www.cafelouvre.cz/en/Offer/beverages/
  • お店へのアクセス
    ・最寄駅(トラム・地下鉄B線):Národní třída(ナーロドニー・トゥシーダ)

Café Rudolfinum:カフェin 音楽堂

チェコ・フィルハーモニーの本拠地、ルドルフィヌムの中にあるカフェが、このCafé Rudolfinumです。

内装はコリント式の柱にアールデコ調の内装でまとめられています。加えてこのカフェCafé Rudolfinumは、ルドルフィヌムの奥でひっそりと佇んでおり、人が少なくゆったりと寛げます。

メニューは一般的なコーヒーやケーキなどで、価格も一般的です。そのため内装や音楽堂といった荘厳さに比して、意外と入りやすいカフェでもあります。プラハ旧市街の人混みから離れてたい時に、行ってみてはいかがでしょうか。プラハらしさと落ち着きを与えてくれるカフェです。

また、カフェの先にはプラハ城があるので、旧市街からカフェ経由で歩くのも良いかもしれません。

  • 公式サイト(英・チェコ)
    http://www.caferudolfinum.cz/en/
  • 店までのルート
    ・最寄駅(トラム・地下鉄A線):Staroměstská(スタロムニエストスカー)
    ・徒歩:プラハ城の東側から近い所にあります。

Grand Café Orient:キュビスムなカフェ

キュビスムのカフェとして有名なのが、Grand Café Orientです。建物はその見た目から黒い聖母の家(Dům U Černé Matky Boží)なんて呼ばれ親しまれています。

Grand Café Orientは二階のテラス席が有名なのですが、今回は敢えて、私がお勧めしたい一階席を紹介します。

一階は何ともキュビスム感あふれる内装です。ここが、一階席をお勧めしたい最大の理由なのです。

ケーキは、通りに面したショーウィンドウに、色々ならんでいます。ちなみにこのお店には蜂蜜ケーキこと、メドヴニークが売られています。

観光地であるプラハ旧市街にあり、多くの方が散策で歩くルートの途中にあるので、散策ついでに寄ってみてはいかがでしょうか。

  • 公式サイト(英語・チェコ語)
    https://www.grandcafeorient.cz/
  • 店までのルート
    ・徒歩:トラムの走らない旧市街地のため、歩く必要があります。

Kavárna Obecní dům:プラハの美しいカフェ

プラハの中でも美しいカフェといわれるのが、Obecní dům(オベツニー・ドゥーム:市民会館)にあるカフェです。

市民会館に入って左手に“KAVARNA”という表記があります。ここがカフェです。ちなみに右手はレストランです。

そしてカフェに入ると……

高い天井にシャンデリア、少し古風でお洒落な雰囲気が何とも言えません。

Kavárna Obecní důmでは、コーヒーはウェイターに注文しますが、ケーキは定期的にカートを押して回って来るウェイターから買います。ケーキの価格はやや高めです。

ちなみにこのカフェは昼間に行くと大抵の場合、混み合っています。お勧めは午前中です。この時間帯は空いていますし、ケーキの売切れもないため選び放題です。

  • 公式サイト(英・独・チェコ)
    http://www.kavarnaod.cz/kavarna-obecni-dum-2/
  • 店までのルート
    ・最寄駅(トラム・地下鉄B線):Náměstí Republiky(ナメスティ・レプブリキ)
    ・その他:観光名所の火薬塔(Prašná brána)が隣接しています。

プラハでカフェ気分を満喫しよう

プラハのカフェの良いところは、雰囲気などから感じられる高級感に対しての手を出しやすい価格にあります。ハプスブルク文化を満喫しながら、ウィーンのカフェより安く楽しむことができます。プラハのカフェでは高いといっても、東京のカフェ並みの価格です。

プラハの綺麗な街並みを散策しつつ、甘いスイーツとコーヒーを楽しむために立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。