コーヒーをもっと趣味に

ピノキオ

ピノキオ

住宅街にひっそり佇む喫茶店

私は昔からホットケーキが好きで、近くに美味しいホットケーキが食べられる喫茶店があったらいいのに…と思い続けていた。

この町に住み始めて3年。新しくできるお店ではなく、古めかしい喫茶店が良い。喫茶店の数は少なくないけれど、ホットケーキが人気のお店はない、と思っていた。あったのだ。

自分の住む町を、わざわざグルメ検索することがなかった。正に灯台下暗し。

今日は雪の予報だけれど、行くと決めたら行く。いざ、ホットケーキに出逢いに!

何度も近くを通っているのに気付かなかったのは、町に溶け込むその外観。控えめな看板とファサードは、マンションの一部になっていた。

「COFFEE SHOP」のフォントに、胸の高鳴りは最高潮に。

外からはコンパクトに見えた店内は40席以上もあり、温かい茶色味で統一されたインテリアが、ザ・喫茶店。

ところどころに、店名であるピノキオのモチーフが飾られている。

喫茶店らしいナポリタンなどの他にも、ジャンバラヤなどの珍しいメニューも。

ブレンドはライトな味わいで、毎日通えそう。

一杯をじっくり味わうコーヒーもいいけれど、重たいコーヒーじゃなくて、ナポリタンやサンドイッチのお供にぴったりの、“主役じゃないコーヒー”が、喫茶店らしくて私は好きだ。

近年のコーヒースタンドブームで、コーヒーの在り方は進化しているが、喫茶店で振る舞われるコーヒーの魅力も、現代の若者に知ってもらいたい。

ピノキオのホットケーキは、まず見た目に感激する。

絵本に出て来るようなヴィジュアルだ。近所の子どものリクエストから生まれたメニューだというから、それは喜ばれたことだろう。

ふわふわというよりも、ぎゅっと詰まった弾力ある生地で食べ応えがある。この厚みを、型を使わずにつくりあげるというのだから驚きだ。

このご時世に、バターがこんなにもたっぷり乗せられていることに、お客さん想いのマスターの優しさを感じる。店内をぽっかぽかに暖めてくれているのも、きっと優しさ。

今日は雪で貸切だったけれど、噂のホットケーキを求めて土日は混雑するとのこと。さくっとランチも良いけれど、ホットケーキを食べに来るならゆっくり時間を作って訪れたい。

ピノキオ 店舗情報

住所:東京都板橋区大山金井町16-8

移動時間:東武東上線大山駅より徒歩10分

営業時間:木〜火8:00〜19:00(18:00ラストオーダー)

定休日:水曜

wifi:なし

電源:なし

喫煙:全面喫煙可

About the Author

A7ICE ART&design 兼松江梨

喫茶店天国愛知県出身のアートディレクター。「おしゃれカフェ<喫茶店」主義。古くから愛され続けているものに魅力を感じ、喫茶店巡りをするようになる。市内にある様々な珈琲店に祖父母とモーニングに行くのが子どもの頃からの娯楽。