コーヒーをもっと趣味に

ASAGOHAN

ASAGOHAN

最高の1日は美味しい朝食とコーヒーから始まる

平日の朝にゆっくりとご飯を食べている人は多くないと思います。かく言う自分も平日朝ご飯はサクっと済ませる派ですが、その反面、旅行で泊まったホテルの朝食ビュッフェや部活の合宿で食べる朝ご飯は、まるでリミッターが外れたかのような食欲になります(あるある、って思ってくれる人も多いはず)。

あれは一体どういう原理なのか不明ですが、とにかく美味しい朝ご飯は1日を充実にさせてくれます。そこに美味しいコーヒーが組み合わさればもう最強にして最高です。

そんな充実した料理とコーヒーが楽しめるイベント“ASAGOHAN”を紹介します。

6月から月1回ペースで開催されている“ASAGOHAN”は、日曜日の朝7時~10時という時間帯。7時スタートと8時30分スタートのいずれかを選択して事前にPeatixでチケットを購入するシステムです。(※今回はお店の席数から入替え制となったようです。時間帯は会場によって異なる場合があります。)

場所は不定期で変わりますが、3回目となる今回は代官山駅から5分ほど歩いた場所にあるSURRY HILLSというレストランで行われました。

日曜日の朝7時に代官山・・・早いよ!と思う方もいるかも知れませんが、休日の早朝、まだ人通りもまばらな代官山を歩く、という時点で既にちょっと特別な感じになります。

お店の入り口でドリンクメニューを伝え、中に入ります。ドリンクの種類が豊富なところもこのイベントの楽しみのひとつ。

エアロプレス抽出のフィルターコーヒーにはじまり、WHITE(ミルク系)とBLACKは、コーヒーはもちろんチャイ(PRANA CHAI)も頂けます。

ちなみに1杯分は事前購入のチケットに含まれていて、2杯目以降はキャッシュオンなシステムです。

注文を済ませ、料理とコーヒーを席で待ちます。SURRY HILLSは清潔感ある白を基調とした内装に、大きな窓の明るい店内。外のテラスに緑が添えられて心地よく、優雅にゆったりとした待ち時間を味わえます。

フードメニューは固定で1種類。今回はOmelette&Ajo Blanco(オムレツ&アホ ブランコ)。聞き慣れない名前ですが、Ajo Blancoとはいわゆるガスパチョ(冷製スープ)のこと。

インパクト十分の大きなソーセージの下には、たっぷりの夏野菜とオムレツ。一番底にはバケットが敷かれています。

柔らかいオムレツにナイフを入れるとガスパッチョが顔を出します。しっかりとした味付けでボリュームも満点。マスカットやイチジク、ライムなど彩りも華やかなフルーツ達が、味に爽やかさとバリエーションを演出しています。

ドリンクもフードに負けていません。使用されるコーヒー豆は毎回異なり、今回は名古屋のTRUNK COFFEEです。エスプレッソはエチオピアのアリチャ(ナチュラル)、フィルターはニカラグアとケニアの2種類。

オススメはエスプレッソということで、アイスのアメリカーノを頂きました。一口目から満遍なく広がる華やかな香りと、フィルター抽出よりもしっかりと感じられるコーヒー豆の甘さに思わず笑みが溢れます。

デザートはPRANA CHAIを使ったアフォガード。チャイのスパイスと冷たく甘いアイスの組み合わせがクセになります。ボリュームのある朝ご飯を食べた後でもお構いなしに「デザートは別腹」ですね。

この日は雨予報だったのに、食べ終わる頃には陽差しも見えてきました。
(傘を持っていたのはなぜか自分だけでしたが、確かに雨予報でした・・・)

お店を出てもまだ午前10時。ちょっと早起きするだけで充実した1日の扉が開く“ASAGOHAN”。今から次回の開催が待ち遠しい!Facebookで情報が見ることができますので、是非チェックしてみて下さい。

ASAGOHAN 情報

日曜日 朝7時~10時

Facebookページはコチラ:https://www.facebook.com/events/119908181978270/permalink/126692444633177/

About the Author

神宮司茂

東京都下町生まれ下町育ちの30代。コーヒーは大学生くらいまで苦手でした。大学生の頃、新宿のPAUL BASSETTでラテアートを見て感動したのがコーヒーとの出会い。休日は専ら愛機のb-ant 406steel(ミニベロ)で都内を散策。コーヒー以外に、ラーメン、ファッション、ミステリ小説、ガンダム(宇宙世紀)と守備範囲は広め。 モットーは「広く、それなりに深く」。