コーヒーをもっと趣味に

緩さと明るさ「東ティモール:サントモンテ」

緩さと明るさ「東ティモール:サントモンテ」

「サントモンテ」と呼ばれる東ティモールのコーヒー豆を今回はご紹介。東ティモールのコーヒー豆というと、どのようなイメージでしょうか?初めて知る方もいれば、NGOや支援で作られたコーヒーをご存知の方もいらっしゃるでしょう。

実は東ティモールは、これからコーヒー生産が期待されている地域なのです。そんな地域から、今回はサントモンテをご紹介いたします。

「サントモンテ」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:シティロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    深めの焙煎でも甘い明るさがある
  • アロマ(コーヒーの香り)
    煮詰めたフルーツソースのような、密度のある甘酸っぱい香り

風味

  • 口当たりがクリーミー
  • 明るく爽やかな酸味
  • 快活さと緩い飲みやすさが両立している

こんな時にオススメ

  • ゆったり気分転換したい時
  • コーヒーブレークに
  • 昼に飲むコーヒーに

豆が大きいサントモンテ

サントモンテの豆を見て、まず驚くのはその大きさです。ものによっては1.5cmオーバーだったりします。実はこれがサントモンテで育てられているカティモール種の特徴です。カティモール種は、カトゥアイとハイブリッドティモールという品種を人工交配したものです。

ぜひ東ティモール産の豆を買った時は豆の大きさに注目してみてください。意外と大きいのが見られますよ。

ペーパードリップ:柔らかさと爽快感の波

口当たりは非常にクリーミーですが、一息置いてからやって来る風味は、爽快でキレキレです。口当たりのクリーミーさは滑らかというより、重さが感じられない綿のような感触がします。

そしてその後にやって来る爽快感は、柑橘系の快活な酸味と苦さに加えて、シロップのような柔らかい甘さを持っています。例えるならば、レモネードや完熟したグレープフルーツに近いような印象を受けます。

余韻に関しては酸味を含む爽やかさが引いていき、最後は甘いシロップ感が残ります。「柔らかい飲み口→爽快感→再び柔らかい余韻」という、波を持っているコーヒーです。

中温がオススメ

クリーミーさと爽快さの両方を立てるには、中温(80~85℃)辺りがオススメです。あるいは爽快さをメインにしたい方は若干低めの温度も良いでしょう。

またドリップする時は、クリーミーさを出したい方は普通に注いでもいいのですが、爽快さを前面に出したい方は、お湯を多くしてサッと抽出してしまうとオススメです。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:75~85℃

ネルドリップ:緩い落ち着き

口当たりはクリーミーですが、その後はペーパードリップと少し異なります。キレそのものは弱く、長く続くクリーミーさの上に柑橘系の爽やかさが乗ってきます。

酸味を持ちつつも落ち着きがあるので、ブラッディオレンジやブラックベリーに近い印象を受けます。その後の余韻では、酸味が弱まり緩さがまた前面に出てきます。

ペーパードリップでは明るすぎると感じる方は、ネルで淹れてみるとオススメです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:

フレンチプレス:クリーミーさと果実感

明るみのあるクリーミーさに、爽やかな酸味が上手く融合していて、ドリップのように波のあるテイストではありません。一貫して甘み・酸味・滑らかなコクを併せ持った、優しく爽快な果実感に溢れています。他の抽出方法より飲みやすい印象です。

波がなくブレない風味のため、サントモンテの風味をずっと余韻に至るまで浸ることができます。そういう意味では風味を満喫したい方にオススメです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレスを使用)
  • 挽き具合:粗挽き

サイフォン:スッキリまとまりのある味

透明感があるので、他の抽出方法よりクリーミーさが目立っている印象です。

フレンチプレスやネルと同じくクリーミーさが長く続きますが、その一方でそれらとは違う表情も見せてくれます。それはスッキリしていて、果実感というより爽快感に焦点が絞られているところです。

クリーミーさもフワッと広がる形ではなく、丸く纏まっている印象です。ここはサイフォンならではの風味ですね。また余韻はクリアさ・爽快さと尾を引く甘みが、上手い具合にバランスを取っています。

華やかな果実感には欠けますが、その代わりに纏まり感は気分転換に心地よいコーヒーです。

「サントモンテ」の美味しい飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:とても良い
  • 砂糖 :とても良い

クリーミーさには、ミルクが美味しい

サントモンテの口当たりのクリーミーさは、ミルクと重なるととても滑らかに仕上がります。そしてその後は、コーヒーの明るさとミルクの滑らかさが混ざった、蜜のような華やかな緩さがまた堪りません。

さらに黒砂糖や蜂蜜を加えると芳醇さも加わって、さらに美味しく仕上がりますよ。

これからが期待の東ティモール

今回のサントモンテに限らず、東ティモールは21世紀に独立したこともあり、これから期待されているコーヒーの産地です。まだ日本では知名度が低いですが、有名産地インドネシアの隣で、最近では様々な企業やNGOがコーヒー栽培に力を入れています。

東ティモールの豆、先取りしてみませんか?

コーヒー豆の情報

  • 名称:サントモンテ
  • 産地:東ティモール、エルメラ県
  • 精製:水洗式
  • 今回の焙煎:シティロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。