コーヒーをもっと趣味に

美味しい酸味「コロンビア:アンジェリカ(ウイラ県)」

美味しい酸味「コロンビア:アンジェリカ(ウイラ県)」

コロンビア:アンジェリカの最大の特徴は、本当の意味で美味しい酸味を感じさせてくれるところにあります。程よいコクや甘味のバランスと透明感は、酸味を絶妙に引き立ててくれるのです。

そんなアンジェリカはコロンビアのウイラ県、有名産地ナリーニョ県の北東に位置しています。知名度こそ低いものの、美味しいコーヒーが栽培される将来有望の産地なのです。そんなウイラ県のアンジェリカの「美味しい酸味」、気になりませんか?

「アンジェリカ」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:ハイロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    バランスに優れ、明るい酸を感じさせる香り
  • アロマ(コーヒーの香り)
    スッキリした花の蜜のような華やかさ

風味

  • 程よく美味しい酸味がポイント
  • バランスと透明感があって飲みやすい

こんな時にオススメ

  • 美味しい酸味を味わいたい時
  • 軽く気分転換したい時に
  • 昼間に飲むコーヒーに

隠れたコロンビアの名産地

コロンビアのコーヒーというと、ナリーニョ県のコーヒーが最も有名です。その一方でウイラ県産のコーヒーは、コロンビアの中では最高峰とも呼ばれる産地にもかかわらず、知名度ではマイナーです。

実はこのウイラ県、山地ということもありゲリラや内戦の巣窟となったり、あるいは開発も遅れていたりしたのです。

しかしそれも解決に向かい、近年ではウイラ県産のコーヒーも多く見かけるようになりました。これからまだまだ美味しいコーヒーが見つかりうる、期待の産地がウイラなのです。

ペーパードリップ:クリアな酸味

クリアで心地よい酸味は、「これが本当の酸味なのか!」と改めて実感させてくれるます。そしてペーパードリップならではのキリッとした特徴も、このコーヒーによく合っています。

酸味だけでなく、優しいコクと甘みも程よく感じられるので、単に酸味に一辺倒というわけではありません。バランス良く個性を楽しむことができるコーヒーです。

そのようなクリアな酸味と優しさが主役ですから、余韻もスーッと綺麗にフェードアウトしていきます。さらにその味が引いた後に、柑橘類のピールのような爽やかな苦みがフワッと香るあたりも、また心地よいです。

中温でバランス良く引き出してみよう

明るい酸味だから低めでと思ってしまいがちですが、このコーヒーは程よいコクのバランスも特徴的です。むしろそのバランスを崩してしまうと、コーヒーの味がイマイチになってしまいます。

およそ80℃程度の若干低いかどうかくらいの温度で淹れるのがオススメです。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:80℃前後

ネルドリップ:酸味とコクの心地よい拮抗

クリアながらもフワッと酸味が立ち昇ってくるあたりは、ネルドリップらしいなと思います。

80℃少しの中温で抽出してみたところ、酸味はキリッとしている部分も感じられる一方、優しい甘みとコクがちょうど良い具合に拮抗しています。これが高温だと拮抗具合が激しくなったりします。

余韻はペーパードリップと異なり、柔らかくフワフワと消えていく印象です。柔らかさとハッキリさの間に位置する、絶妙な小気味よさがあります。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:80~85℃

フレンチプレス:柔らかさと調和

フレンチプレスですので、クリアさに関しては他の抽出方法より劣っています。しかしコーヒー豆の持つ明るさ・華やかさ・程よいコクと甘いが充分に引き出されています。

クリアさに欠けている反面、アンジェリカの持つ柔らかいコクと甘みが光っています。そこに酸味と明るさが上手く調和しているので、やんわりと抱擁されている感触です。この点に関しては、この後お話しするサイフォンとは正反対で面白いです。

ゆったりしたい時は、フレンチプレスが良いかもしれませんね。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレスを使用)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:沸騰したお湯で4分00秒

サイフォン:スッキリさと飲みやすさ

コーヒー豆の個性とサイフォンらしさが相まって、非常にスッキリ透明という印象がします。そこにほんのりと甘さ・コク・酸味が加わって、スッキリ飲めるコーヒーです。「マイルドブレンド」と称するものをクリアに仕立てたような風合いです。

寛ぎたい時、仕事の片手に、友人と歓談する時に、様々なシチュエーションで飲める汎用性の高いコーヒーです。数ある抽出方法の中でも、最もアンジェリカを活かせている印象です。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:1杯あたり15g
  • 挽き具合:中挽き

「コロンビア・アンジェリカ」の美味しい飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:GOOD
  • 砂糖 :GOOD

酸味+コクの爽やかアイスコーヒー

アンジェリカは明るい酸味の一方で、程よいコクも持っています。そして何といってもクリアさが特徴的です。

そんなアンジェリカは、アイスコーヒーにしても物足りなさはなく、明るい酸やクリアさが効いています。飲めばわかりますが、爽快で夏場にもってこいのアイスコーヒーに仕上がります。

このクリアさを活かすためにも、抽出はフレンチプレス以外の方法で抽出するとオススメです。

美味しい纏まりのある酸味:アンジェリカ

コロンビア・アンジェリカの魅力は、コクや甘みなど風味のバランスが取れている中で、クリアで明るい酸味が感じられるところです。そのため程よく・心地よく、美味しい酸味を堪能することができるのです。

そこがイルガチェフェなどの酸味一辺倒のコーヒーとは異なるところです。純粋な酸味だけを楽しめるイルガチェフェに対して、他の風味の中でごく自然的に酸味を楽しんでもらいたい一杯です。

コーヒー豆の情報

  • 名称:コロンビア・アンジェリカ
  • 産地:コロンビア・ウィラ県
  • 精製:ウォッシュト
  • 今回の焙煎:ハイロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。