コーヒーをもっと趣味に

重く落ち着いた「コロンビア:サンアグスティン(ウィラ県)」

重く落ち着いた「コロンビア:サンアグスティン(ウィラ県)」

今回ご紹介するコーヒー豆は、コロンビアのウィラ県で作られたコーヒー豆です。

コロンビアというとエメラルドマウンテンの他に、ナリーニョ産のコーヒー豆が有名です。このナリーニョ県の隣に位置しているのがウィラ県で、意外と知られていない穴場の産地なのです。

そこで今回は、ウィラ県のなかでも有名な「サンアグスティン」のコーヒー豆をご紹介いたします。

「サンアグスティン」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:シティロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    重みのあるナッツのような香り
  • アロマ(コーヒーの香り)
    複雑だが滑らかな香り

風味

  • 重みがあるが、マイルドでバランスが取れている
  • モカに似て独特だが、飲みやすい風味

こんな時にオススメ

  • 夜に飲みたいコーヒー
  • 落ち着きたい時に

ペーパードリップ

柔らかい口当たりから、ドッシリとしたコク・程よい酸味・ほのかな甘みを、バランス良く味わうことができます。

イエメン・モカに似た酸味は、コーヒーに奥深さを持たせています。しかし口当たりの柔らかさと甘みが混ざり合って、フルボディながらも落ち着いたコーヒーに仕上がっています。

余韻はフルボディさの中に、僅かにカルダモンのような独特の爽やかさを覚えます。

枯れ木のような、落ち着いた独特さを持つコーヒーです。

高温でも美味しい

柔らかい口当たりとバランスを重視したい方は、中温で抽出するとよいでしょう。しかし高温で抽出すると、コクの重みと複雑さが深くなります。そのため高温で抽出してみるのもオススメです。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:80~90℃

ステンレスフィルター

不思議な香味が際立っていて、魅惑的なコーヒーです。

まずペーパードリップよりコクが柔らかいため、酸味が主役となって良いフレーバーを醸し出しています。しかしマイルドなコクによって、モカのようで違うような、不思議なフレーバーです。

香味は余韻に至るまで長く続き、個性だけでなく飲みやすさも併せ持ち、不思議なハーモニーを満喫することができます。

こちらは中温がオススメ

ステンレスフィルターのマイルドさを活かしたいのであれば、中温がオススメです。高温でも美味しいのですが、サンアグスティンの特徴を活かせていない印象です。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中細挽き
  • 抽出温度:80~85℃

ネルドリップ

重厚感の中に様々な風味も感じられ、凝縮された一杯というコーヒーです。

重みのあるコクに、深い酸味と柔らかみが混ざり合うことで、何とも言えない複雑さが生まれています。しかし複雑さは、クセのある個性ではなく、ヴィンテージ感に溢れた落ち着きある複雑さです。

このヴィンテージ感は余韻に近づくにつれて感じられ、郷愁を覚えるような余韻に至って幕を閉じます。ネルドリップの古めかしさに似合うコーヒーです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:80~85℃

フレンチプレス

酸味はボヤけていて、柔らかいコクが印象的なコーヒーです。

ドリップコーヒーと比べてクリーミーで、しかし奥深さはしっかり感じられます。また飲みやすいといっても、単調というわけではなく複雑さを持っていて、無糖のココアのような風味がします。余韻はココアらしさが最も前面に出てきて、ゆったりしています。

あっさりしたテイストになりやすいフレンチプレスですが、芯のあるコクをしっかり感じることが出来ます。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:17g(容量350mlのプレス)
  • 挽き具合:中粗挽き
  • 抽出時間:沸騰したお湯で4分00秒

「サンアグスティン」の美味しい飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:相性が良い
  • 砂糖 :相性が良い

濃いめのミルクを使おう

コクの重さやヴィンテージ感のあるコーヒーですので、ミルクは乳脂肪分の高いものがオススメです。低脂肪乳は軽い味わいのため、コクの重みを活かせていないカフェオレに仕上がってしまいます。

ジャージー牛のような乳脂肪分の高いミルク、あるいは生クリームを少量加えてみると良いでしょう。

時々飲みたくなる「サンアグスティン」

マイルドなコーヒーといっても、様々なマイルドがあります。個性のない単調な味わい、ブルマンのような柔らかさ、そしてサンアグスティンのような落ち着き、すべてマイルドな味わいです。

このコーヒーの落ち着いたマイルドさは、ダークチョコレートやフルボディのワインが好みの方に合うかもしれません。また酸味系のコーヒーが席捲している今日において、時々飲みたくなってしまうコーヒーでもあります。

コーヒー豆の情報

  • 名称:サンアグスティン
  • 産地:サンアグスティン、ウィラ県、コロンビア
  • 精製:ウォッシュト
  • 今回の焙煎:シティロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。