コーヒーをもっと趣味に

ブラジル:イパネマ農園 オウロ・プレット(ウォッシュド)

ブラジル:イパネマ農園 オウロ・プレット(ウォッシュド)

世界最大級のプライベート農園であるイパネマ農園より、今回は「オウロ・プレット」という名前のコーヒーをご紹介します。このオウロ・プレットはウォッシュドで精製されていて、その精製の特徴を垣間見ることが出来るコーヒーです。

それでは、どのようなコーヒーなのか見ていきましょう。

「イパネマ農園 オウロ・プレット」は、こんなコーヒー。

  • オススメの焙煎
    どれでもGOOD。バランス重視であれば、ハイロースト~シティロースト。

香り

  • フレグランス
    香りは弱めだが、僅かにカルダモンのような香りがする
  • アロマ
    甘い香りをベースに、カルダモンのような爽やかさを感じる

風味

  • 平均的な味わい
  • 焙煎や温度などの要素が、そのまま味に出る。

こんな時にオススメ

  • 昼夜を問わず飲めるコーヒー
  • 好みを選ばないコーヒーをお探しの時
  • ブレンドのベースに

ペーパードリップ:典型的なコーヒーの味

「THE コーヒー」といわんばかりの味わいです。

酸味は弱めでコクが若干強く、ほのかな甘みに落ち着く柔らかさは、典型的な純喫茶のブレンドの味です。イパネマがブレンドのベースに多用される理由が良く分かる味です。

余韻は丸みを帯びていて柔らかさが特徴的です。

全体的に見て、ドゥルセ(ナチュラル)のような独特さは、あまり感じられません。

様々な温度で試してみよう

お話しした通り、平均的な味わいのコーヒーのため、温度による味の変化を感じやすいという特徴があります。そのため自分の好みの温度を探したり、温度による味の違いを楽しんだりするには、ちょうど良いでしょう。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:80~85℃

ステンレスフィルター:マイルドな味わい

ペーパードリップより穏やかな酸味とコク、そして舌に若干残る甘みが余韻として感じられます。良く言えば均整が取れていて飲みやすく、悪く言えば個性の弱いコーヒーです。

マイルドなブレンドという印象で、カフェオレにして飲みたくなるような、日常系のコーヒーです。ステンレスフィルターをお持ちの方には、起床後や一休止の時に飲むと良いかもしれません。

飲みやすさを出したいなら中低温

ペーパードリップと同じく様々な温度で試してみるのも良いでしょう。対してマイルドなテイストを味わいたいという方は中低温(75~85℃)で抽出することをオススメします。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中細挽き
  • 抽出温度:75~85℃

ネルドリップ:丸々した味わい

平均的な風味に加えて、柔らかみが前面に出ています。それらがコーヒーを、丸々とした味わいに仕上げています。丸みのある滑らかな口当たりから、スーッと風味が流れて、余韻は綺麗に消えます。

飲んだのかどうか解らないほど丸々していて、個性という個性が感じられません。そこが、このコーヒーの面白みかもしれません。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中細挽き
  • 抽出温度:80~85℃

フレンプレス:軟着陸のコーヒー

滑らかにフェードインしてフェードアウトしていく所が、印象的なコーヒーです。風味も平坦で突出した部分がなく、カカオのような滑らかでコクのある味がします。

どこからどこまで余韻なのか解らないような、するりと流れるようなコーヒーです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレス)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:沸騰したお湯で4分00秒

「イパネマ農園 オウロ・プレット」の美味しい飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:良い
  • 砂糖 :良い

様々なコーヒーのベースに

オウロ・プレットは良くも悪くも、平均的で個性を持たないコーヒーです。そのためブレンドのベースに適しています。

またアレンジコーヒーを作る際に、オウロ・プレットを用いて作ってみるのも良いでしょう。アレンジ用いるコーヒーをどうするかの指標にもなります。

平均が良い「イパネマ オウロ・プレット」

平均的な味わいのため、個性を求めてスペシャルティコーヒーを飲まれている方には、あまりオススメできるものではありません。その一方で、ブレンドをしてみたい方や、日常的なコーヒーを求めている方にはオススメできるコーヒーです。

イパネマ農園といえども、個性のあるものから平均的なものまで、様々な味が存在するのは面白いところです。

コーヒー豆の情報

  • 名称:イパネマ農園 オウロ・プレット
  • 産地:ミナスジェライス州、ブラジル
  • 精製:ウォッシュト
  • 今回の焙煎:ハイロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。