コーヒーをもっと趣味に

マーマレードコーヒーの作り方【フレーバーコーヒーのレシピ】

マーマレードコーヒーの作り方【フレーバーコーヒーのレシピ】

ロシアンティのような、ジャムを使ったコーヒーを自宅で楽しみたい!という方のために、自宅でできる‘簡単マーマレードコーヒー’の作り方を紹介します。

マーマレードについて

マーマレードとは、柑橘系を加工した食品です。夏ミカン・ゆず・グレープフルーツなどで作られます。果物を皮ごと使用するので、果肉の甘みと爽やかな苦みが特徴です。

作り方はとても簡単で、果物の実から果汁を搾り、皮と一緒に煮ます。皮がやわらかくなったら砂糖を入れ、ゲル化するまでかき混ぜながら煮れば完成です。

マーマレードの名前の由来

1700年頃、スペインにスコットランドの商人がいました。ビターオレンジを誤って購入し悲嘆していたところ、商人の妻がビターオレンジを砂糖漬けの加工品にしたところ、好評だったとのことです。

手伝いをさせようと、庭で遊んでいた息子のメアーを「Mair Ma lad!(メアー私の息子よ)」と呼んだ事が、名前の由来になったと言われています。(諸説あり)

マーマレードに含まれるペクチン

ペクチンとは、柑橘類に含まれる食物繊維の一種で、コレステロール値を下げる効果・血糖値の上昇を抑える効果・疲労を回復する効果などがあると言われています。

マーマレードコーヒーのレシピ

  • インスタントコーヒー:ティースプーン山盛り1杯
  • マーマレード:スプーン2杯

1材料

マーマレードを先にカップに入れる

2カップにママレード

別のカップでインスタントコーヒーを作り、1のカップにコーヒーを注いで完成

3完成

果皮や果肉がたくさん入っているものを使うと、マーマレードがカップの下に溜まるので、目で楽しめる2層のコーヒーが出来上がります。

爽やかな一杯を楽しみたいときに

マーマレードのやさしい甘さがコーヒーにぴったりの爽やかな一杯になります。コーヒーを薄めに淹れることで、マーマレードの味も引き立ちます。

マーマレードコーヒーの作り方まとめ

市販のマーマレードを使用して簡単に作れるフレーバーコーヒーです。マーマレードコーヒーは、やさしい甘さ、爽やかな苦味を楽しむことができます。透明なグラスを使っていつもと違った、ちょっとおしゃれなコーヒーを楽しむのもおすすめです。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。