コーヒーをもっと趣味に

アウトドアにおすすめのコーヒーの淹れ方

アウトドアにおすすめのコーヒーの淹れ方

山で飲む「山コーヒー」に、海で楽しむ「海コーヒー」。アウトドアで飲むコーヒーは想像以上に美味しく感じるものです!とはいえ、普通にインスタントコーヒーを淹れてしまっては味気がありません。せっかくのアウトドアシーンなら、コーヒーの淹れ方にも美味しさを追求してみてはいかがでしょうか。

アウトドアでコーヒーを楽しむ方法

自宅でコーヒーを淹れるのと、アウトドアな環境で淹れるのでは勝手が異なります。ガスコンロもなければ、ポットも常備されてない状態は多々あります。とはいうものの、お湯を注ぐだけでできてしまうインスタント式では物足らず、大掛かりな器具を持っていくのも手間になり…。

せっかく開放的な環境に身を置いたならば、“美味しく淹れる器具”を選び抜き、アウトドア・コーヒーをがっつりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

まずは、絶対に必要な道具について見てみましょう。

手動のミル

インスタントのコーヒーには必要ありませんが、豆の段階から“アウトドア・コーヒー”を楽しむのであれば、豆を挽く「ミル」はやっぱり必要です。

淹れ方によって豆の挽き方を変える必要がありますが、コーヒーをより美味しく、かつフレグランス(挽いた時の豆の香り)を楽しむためにもミルは持っていきたいもの。屋外で使うのであれば、手動式のミルを用意すると良いです。

ガス(バーナー)

お湯を沸かすための火も、アウトドアでコーヒーを楽しむには必要不可欠。ボンベ式の小さなバーナーを用意しておくといいですよ。もしも、バーベキューなどを楽しんでいるのであればそれを代用するのもアリです。

アウトドアで使うおすすめの道具

アウトドアでコーヒーを楽しむための道具

アウトドアコーヒーの淹れ方①:パーコレーター

パーコレーターは、フィルターを使わずにコーヒーを淹れることのできる器具です。コーヒー豆の挽き方次第で濃度が大きく変わってくるのもバーコレーターの特徴。細かく挽けばそれだけ濃厚になり、粗いと薄くなるのでお好みに合わせてミルで豆を挽くといいですよ。

アウトドアコーヒーの淹れ方②:ペーパードリップ

アウトドア用のドリッパーを使えば、野外でも美味しいドリップコーヒーを淹れることが出来ます。しかし、他の器具同様、ドリッパーといえども荷物がかさばってしまうのが難点。パーコレーターやミルなどかさばってしまう器具は仕方のない場合が多いですが、ドリッパーは折りたたみ式のものが最近では手に入るようになっており、オンラインショップなどで探してみると、案外使い安物が手に入りやすいです。

使い方は自宅でドリップコーヒーを淹れるのと同じ要領で大丈夫ですよ!

アウトドアコーヒーの淹れ方③:ハンドプレッソ

野外でエスプレッソを飲みたいという方におすすめなのが、「ハンドプレッソ」という器具を使った抽出方法です。挽いたコーヒー豆さえあれば電気不要でエスプレッソを楽しめます。非常に便利な道具なので、アウトドアの場面以外でも重宝するのでおすすめです。

ハンドプレッソ公式ページ

http://www.handpresso.asia/

アウトドアにおすすめのコーヒーの淹れ方 まとめ

気軽にアウトドアを楽しむ方が増えた今、野外でコーヒーを飲みたいという声も多くあります。上記で紹介した器具を使えば、自宅で楽しむのと同じような美味しいコーヒーをアウトドアで飲むことができるでしょう。

淹れる段階から楽しみたいのであれば、パーコレーターを。手軽に持ち運べるものがいいなら折りたたみ式ドリッパーをと、野外で使える器具は探してみると意外とすぐに手に入れることができます。

野外で飲むハンドメイドのコーヒーは、普段のコーヒーとはひと味違う楽しみ方ができます。週末のひとときを素敵な時間に変えてくれるコーヒー。ぜひアウトドアの一環として楽しんでみませんか。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!