コーヒーをもっと趣味に

エスプレッソは砂糖を入れるのが一般的?

エスプレッソは砂糖を入れるのが一般的?

重みのある苦味が特徴的なエスプレッソ。「あの苦味が癖になるんだよなぁ」というエスプレッソ愛好家の方も多いことでしょう。しかし「エスプレッソに砂糖を入れて飲むのが普通」という事実をご存知ですか?エスプレッソの一般的な飲み方について調べてみました!

イタリアではエスプレッソに砂糖を入れて飲む

イタリアでは、エスプレッソに砂糖をたっぷりと入れて飲むのが一般的です。イタリアだけではなく、世界的に見てもエスプレッソには砂糖を入れる人が多いとされており、むしろ「エスプレッソ=ストレート」だと考えているのは日本人くらいだとも言われています。

様々な楽しみ方があるエスプレッソ

もちろん、イタリア人だからといって全員が砂糖を入れてエスプレッソを飲むわけではありません。中にはストレートが好きだという方もいるでしょう。しかし、ストレートで飲む方はごく少数。多くの方が好みによって砂糖を入れ「自分の好きなように」エスプレッソを楽しむのです。

スイーツ感覚で味わうエスプレッソ

日本人にとってエスプレッソは「苦い、濃い、少ない」といったイメージが普及していますが、本場イタリアではスイーツのように楽しむ方もいるそうです。多い人は、砂糖を山盛り2〜3杯も入れることがあるのだとか。

エスプレッソ=チョコレート?

イタリアでは、エスプレッソを“チョコレート”に例える場合もあります。好きな量の砂糖を入れ「自分好みのチョコレート」を作る感覚でエスプレッソを楽しむのです。
ビターチョコが好みなら少なめに、スイートチョコが好きなら砂糖をたっぷりとなど、気分次第で飲み口を変えられるのも、エスプレッソの嗜み方だといえるでしょう。

砂糖を食べるまでがエスプレッソ

飲み方の多様なコーヒーと言えど、やはり淹れたての冷めないうちに飲みたいもの。エスプレッソも砂糖を入れかき混ぜることで湯温は下がってしまうため、2〜3回程度かき混ぜるのにとどめておくのが良いとされています。
でも、そうすると溶けきらなかった砂糖が底に沈殿してしまいますよね?実はその砂糖をすくって食べるのも、エスプレッソの楽しみ方の1つなんです。

エスプレッソは砂糖を入れるのが一般的

エスプレッソに砂糖を入れるのがイタリアでの一般的な飲み方ですが、正確なルールは存在しません。日本では何故か“砂糖を入れるのは邪道だ”と思われていますが、そんなことはありません。好きな味で嗜むのがエスプレッソ。
自分が「美味しい!」と思う飲み方を見つけるのが大切なのです。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!