コーヒーをもっと趣味に

フレーバーコーヒーの特徴と種類

フレーバーコーヒーの特徴と種類

バニラの香りやチョコレート風味の「ちょっと変わったコーヒー」を飲んだことがあるのではないでしょうか。ここでは、フレーバーコーヒーとも呼ばれるコーヒー飲料についてご紹介します。

フレーバーについて

フレーバーとは、食品の香り、味、食感など口に入れた時に生じる感覚を総称した言葉で、風味、香味とも言われています。食品用に使用される香料のこともフレーバーと言います。

コーヒーの香ばしい香りに加え、バニラやミント、チョコレート、さらにはフルーツ系やナッツ系、スパイス系など様々な組み合わせによって香りや風味を楽しむことができます。その種類は無限大で、思いつき次第でコーヒーをアレンジしていくことが可能です。

フレーバーコーヒーは、バニラやチョコレートなどの甘い香りがあるのが特徴ですが、基本的にはコーヒーそのものは甘くはありません。一方で、大きくアレンジしたコーヒーをフレーバーコーヒーと呼ぶこともあります。

フレーバーコーヒーのはじまり

フレーバーコーヒーのはじまりは、北欧はヨーロッパからだと言われています。今でこそポピュラーな飲み方ですが、当時、リキュールアレンジやシナモンのトッピングなどが流行していたそうです。

また、1980年頃になると、アメリカでコーヒー豆に香りを付けて焙煎するという画期的な方法が開発され、現在に至る様々なフレーバーコーヒーの販売やアレンジに繋がったとされています。

簡単にフレーバーコーヒーを楽しもう

自宅に、お酒やフルーツ、ナッツ、洋菓子などが余っていたりしませんか。お酒ならスプーン1~2杯、フルーツやナッツはひとかけらほどを、いつものコーヒーに加えるだけで、簡単にフレーバーコーヒーを楽しめます。是非ご自宅で試してみてください。

フレーバーコーヒーを作ってみよう

当サイトでは、香り付けのみならず幅広いアレンジの意味でフレーバーコーヒーのレシピを扱っています。リラックスタイムに、朝食に、ダイエットに…。いつものコーヒーにほんの少しの変化を取り入れることで、様々な楽しみ方ができるのもコーヒーの面白いところです。

https://coffeemecca.jp/recipe

アレンジの幅は無限にある!

コーヒーの驚くべきところは、インパクトある苦味や酸味、コク、香りをもちながらも、どんな食材やスパイス…さらには薬味などとの相性が抜群に良い点にあります。発想次第でオリジナルのフレーバーをいくらでも作ることができる、ということです。

わたあめや卵など、一見合わなそうなものでさえ試してみる価値があるほどです。

フレーバーコーヒーの特徴と種類まとめ

フレーバーコーヒーとは、コーヒーに風味や香味をつけたコーヒーのことを指します。コーヒーの味わいそのものは甘くないのが特徴で「バニラ」や「チョコレート」、「ナッツ」などの香りをつけたものが人気フレーバーとなっています。

最近は香りだけでなくチョコレートやキャラメルソースを加えて、甘みも香りも楽しむフレーバーコーヒーも人気です。アイデア次第で様々な楽しみ方のできるフレーバーコーヒー。おもてなしに最適な一杯を探してみてはいかがでしょうか。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!