コーヒーをもっと趣味に

フレーバーコーヒーの特徴と種類

フレーバーコーヒーの特徴と種類

バニラの香りやチョコレート風味の「ちょっと変わったコーヒー」飲んだことがあるのではないでしょうか。ここでは、フレーバーコーヒーとも呼ばれるコーヒー飲料についてご紹介します。

フレーバーについて

フレーバーとは、食品の香り、味、食感など口に入れた時に生じる感覚を総称した言葉で、風味、香味とも言われています。食品用に使用される香料のこともフレーバーと言います。

フレーバーコーヒーの特徴

フレーバーコーヒーは、バニラやチョコレートなどの甘い香りがあるのが特徴ですが、基本的にはコーヒーそのものは甘くはありません。一方で、大きくアレンジしたコーヒーをフレーバーコーヒーと呼ぶこともあります。

フレーバーコーヒーと種類について

コーヒーに様々な風味を加えて楽しむフレーバーコーヒー。コーヒー豆を焙煎する際に、香料を噴霧する方法や、抽出したコーヒーに香料を加える方法があります。フレーバーは、バニラ・チョコレート・ナッツ類などが一般的です。

フレーバーコーヒーの始まり

フレーバーコーヒーは、コーヒーにシナモンやアイリッシュリキュールなどの“香り付け”をして飲まれたのが始まりとされています。後に、コーヒー豆に香りをつけて焙煎する方法が開発され、フレーバーコーヒーはポピュラーな飲み物として世界的に楽しまれています。

簡単にフレーバーコーヒーを楽しもう

自宅に、お酒やフルーツ、ナッツが余っている時はありませんか。お酒ならスプーン1~2杯、フルーツやナッツはひとかけらほどを、いつものコーヒーに加えるだけで、簡単にフレーバーコーヒーを楽しめます。是非ご自宅で試してみてください。

フレーバーコーヒーを作ってみよう

当サイトでは、香り付けのみならず幅広いアレンジの意味でフレーバーコーヒーのレシピを扱っています。リラックスタイムに、朝食に、ダイエットに…。いつものコーヒーにほんの少しの変化を取り入れることで、様々な楽しみ方ができるのもコーヒーの面白いところです。

https://coffeemecca.jp/recipe

フレーバーコーヒーの特徴と種類まとめ

フレーバーコーヒーとは、コーヒーに風味や香味をつけたコーヒーのことを指します。コーヒーの味わいそのものは甘くないのが特徴で「バニラ」や「チョコレート」、「ナッツ」などの香りをつけたものが人気フレーバーとなっています。

最近は香りだけでなくチョコレートやキャラメルソースを加えて、甘みも香りも楽しむフレーバーコーヒーも人気です。アイデア次第で様々な楽しみ方のできるフレーバーコーヒー。おもてなしに最適な一杯を探してみてはいかがでしょうか。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!