コーヒーをもっと趣味に

コーヒーと芋けんぴの相性【フードペアリング】

コーヒーと芋けんぴの相性【フードペアリング】

コーヒーのお茶請けに“甘いお菓子”は鉄板ですよね。今回は、コーヒータイムのおともとして“芋けんぴ”を選んでみました。おすすめの抽出方法含め、相性の良し悪しを見ていきましょう。

芋けんぴについて

芋けんぴとは、短冊状にカットしたさつまいもを植物油で揚げ、砂糖やはちみつを絡めて作った和菓子です。高知県の名物菓子としても知られており、地域によってはかりんとうと似ていることから「芋かりんとう」と呼ぶこともあるそうです。

芋けんぴの特徴

芋けんぴは、糖蜜などでコーティングしてあるので、生のさつまいもよりも歯ごたえがあり、食感が楽しむことができる和菓子です。また、芋本来の素材の甘さや風味も楽しむことができるのも特徴的。

細長くカットされているため食べやすく、コンビニやスーパーなどでも安く購入することができるのもコーヒーのお茶請けとしておすすめできる理由の一つです。

芋けんぴにおすすめのコーヒー

芋けんぴにおすすめのコーヒーは「中浅煎り」のコーヒーです。芋けんぴは和菓子の中でも素材の甘さを活かしているため、口当たりの強い深煎り系の焙煎よりも、あっさりとした軽めのコーヒーとの相性が抜群。

コーヒーと芋けんぴのお互いの風味がハッキリと引き立つので、コーヒータイムの余韻を楽しみたい時にぴったりです。

おすすめの抽出方法

ドリッパーの穴が少ないメリタや3つ穴のカリタを使用し、ペーパードリップで淹れる抽出方法がおすすめです。中浅煎りのコーヒーは、紅茶のようにあっさりと淹れることが多いですが、ドリッパーの穴が少ないものを使用することで、軽めのコーヒーでもしっかりとした味わいを引き出すことができます。

コーヒー×芋けんぴを実際に合わせてみました

今回は、中浅煎りのコーヒーを粗挽きにして一杯出しで淹れました。芋けんぴは、最初こそ強い甘みを感じはしましたが、次第にさつまいも本来の、素材のあっさりとした味わいが口に広がります。

あっさりとした中浅煎りのコーヒーをブラックで合わせると、お互いの風味を引き立てあうような適度な甘味の調和がとれ、あっさりとした飲後感を感じることができ、とても美味しく楽しむことができました。

コーヒーと芋けんぴの相性 まとめ

コーヒーと芋けんぴの相性は、互いに引き立て役としてバランスのとれた印象でした。より美味しく楽しむためには、中浅煎りのコーヒーがおすすめです。少し軽めのコーヒーと合わせることで、芋けんぴのナチュラルな甘さとコーヒーの風味をバランスよく楽しむことができるので、是非一度お試しくださいね。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。