コーヒーをもっと趣味に

コーヒーの奥深さを決める「エイジング」とは

コーヒーの奥深さを決める「エイジング」とは

ワインやチーズなど、熟成することで旨みを増す食品は多々あります。実は、コーヒーも熟成することで独特の風味と香りが増し、美味しくなるのです。今回は、独特の方法で熟成した「エイジングコーヒー」についてご紹介します。

エイジングコーヒーとは

エイジングコーヒーとは、英語では「aging coffee」または「aged coffee」と表現されます。「aging」というのは、老化や熟成という意味になります。この言葉通り、エイジングコーヒーとは、特別な方法で数年間保管し熟成したコーヒーのことを言います。

エイジングコーヒーの特徴

エイジングコーヒーの特徴は、独特の保存方法にあります。また、数年間寝かせることで、コーヒー豆の持つ自然の風味(もともとの風味)が改善され、まろやかさの中にコクと甘く芳醇な香り高いコーヒーになります。

3年の月日を経て味と香りを作る

エイジングコーヒーは、3年に渡る長期間もの間、慎重に保管されます。生豆は常にモニターによって監視され、豆の水分量を調整するため定期的に豆を回転します。これによって、発生するカビや腐敗を防ぐことが出来ます。

最近では、ワインやウィスキーの熟成と同じように、コーヒーにも樽を使用する焙煎業者もいます。この工程によって、エイジングコーヒーに独特の味と香りと加えることができ、焙煎時にムラなく焙煎することが出来るのです。

エイジングコーヒーは浅煎りが最適

数年に渡ってエイジングの過程を経たコーヒーは、エイジングが終了した後に焙煎します。深煎りでローストしたコーヒーは、ボディが強く印象的な味になります。

エイジングコーヒーをブレンドすることで、コーヒーの味に深みを与えることができますが、一部の愛好家からは、エイジングコーヒー単体で飲用することが好まれています。エイジングコーヒーを単体で飲用する場合、浅煎りの焙煎方法が好まれる様です。

まろやかで奥深さのある味わいに

完全に熟成されたコーヒーは、単に古びたコーヒーと異なり、酸味が抑えられた活力のある奥深い味になります。樽で熟成されたエイジングコーヒーは、まろやかで、薫製されたスモーキーな香りがすると言われています。

また、コーヒーの種類によって異なることはあるものの、木の香りのようなオーキー(ワインのテイスティングで使用)などと様々な表現がされることもあります。

エイジングを取り入れる動きが活発に

近年、エイジングコーヒーを取り入れた商品を販売する企業が増えてきています。シンガポールのスターバックスでは、エイジングコーヒーを使用したオリジナルコーヒーや、エイジングコーヒーをブレンドしたクリスマスブレンドなどを販売しています。

この流れは、今後、拡大していく傾向にありそうです。

コーヒーの奥深さを決める「エイジング」まとめ

エイジングコーヒーとは、単に古くなったコーヒーとは違い、人の手が丹念にかかった特別なコーヒーです。日本ではまだなじみのないエイジングコーヒーですが、企業によっては、エイジングコーヒーを取り入れているところもあります。

一手間も二手間もかけて熟成されたエイジングコーヒー。どのような味がするのか、機会があったら一度試してみてはいかがでしょうか。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!