コーヒーをもっと趣味に

コーヒーと血糖値は上がるか下がるか?飲むなら食後・食前?

コーヒーと血糖値は上がるか下がるか?飲むなら食後・食前?

コーヒーを飲むと血糖値が上がるという話を耳にします。しかし逆に、コーヒーに血糖値を下げる働きがあるという話もあります。もちろん砂糖を入れてコーヒーを飲めば間違いなく血糖値は上がります。

ではブラックコーヒーの場合はどうでしょうか。コーヒーと血糖値の関係について解説します。

血糖値が上がる効果

コーヒーに含まれるカフェインには、アドレナリンの分泌を活性化させる効果があります。アドレナリンはインスリンの分泌を抑制する働きがあります。インスリンには血糖値を下げる働きがあるため、分泌が抑制されることで血糖値が上がりやすくなります。

しかし、このような影響が表れるのは、食後(糖質を摂取した後)にコーヒーを飲んだ場合です。

血糖値が下がる効果

コーヒーに含まれるカフェインには、ミトコンドリアを活性化させる物質を増やす効果があります。ミトコンドリアが活性化することで、血糖値を下げる効果が得られます。そのため、コーヒーを適切に摂取し続けることで、長期にわたり血糖値を下げていくことが可能であると考えられます。

コーヒーへの血糖値への効果まとめ

コーヒーと血糖値の関係ですが、飲み方や飲むタイミングが重要です。砂糖やミルクを入れて飲むと、それだけでも血糖値を上昇させる原因になりかねません。

また食後は、炭水化物や糖質の摂取で血糖値が高くなります。そのうえカフェインの効果でインスリンの分泌が抑制され、さらに血糖値を上昇させる原因になります。

しかし、食前の空腹時にコーヒーを飲むことでアドレナリンが活性化されますので、インスリンの分泌が抑制されても血糖値が上昇することはありません。逆にミトコンドリアの効果で血糖値を下げる効果を得ることができます。

飲むタイミングや飲み方で、血糖値への影響が全く違ってくることがわかります。糖尿病など血糖値が気になる方は、食前にブラックコーヒーを飲むことをお勧めします。

タイミングや飲み方に気をつけ、健康的なコーヒーライフを送りましょう。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!