コーヒーをもっと趣味に

コーヒーの染み抜き方法と応急処置

コーヒーの染み抜き方法と応急処置

コーヒーによる衣類や家具の染み。誰でも1度は経験があるのではないでしょうか。一度汚れてしまうと落ちないと思われがちですが、家庭でも簡単に落とすことができます。

応急処置やご家庭でできる染み抜きの方法をご紹介します。

コーヒーの染み抜き – 応急処置編

コーヒーの染みは、時間が経つと落ちにくくなり漂白が必要となります。コーヒー染みは水溶性ですので、汚れが着いてすぐならば落とせる可能性も高くなるのです。完全に落とせなくても、応急処置をしていることで後の“染み抜き”が行いやすくなります。まずは、応急処置の方法を知っておきましょう。

  1. 表面についている汚れをティッシュなどでつまみ取ります。決して擦り取らないでください。
    2. 生地の裏側にハンカチなどを当て、表面の染みの上から水を含ませた布で摘むようにして染みをとります。

コーヒー以外の汚れにも効果的な応急処置

上記のように、水だけでもかなり染みは薄くなりますが、石鹸や洗剤などを使うとより効果的です。布を傷めることもありますので、洗剤を付けた部分を水の付いた布で拭き薄めておきましょう。

この応急処置は、コーヒー以外にも水溶性の染み(ワインなど)に対して効果があります。外出先などでは、とりあえずこの応急処置をしておいてください。

コーヒーの染み抜き方法

染み抜きに用意するもの

・台所用中性洗剤
・染み抜き棒(綿棒や割箸の先に厚手のコットンを巻き、ゴムで固定したもので可)
・酸素系漂白剤かオキシドール

染み抜き方法

1.染み部分を軽く濡らし、洗剤をつけます。

染み抜きには台所用中性洗剤が適していますが、無ければ他の中性洗剤でも大丈夫です。綿やポリエステルには、直接洗剤をかけても問題ありませんが、デリケートな衣類の場合は、少し洗剤を薄め、染み抜き棒で付けてください。

2.染み部分をもみほぐします。

染み部分を軽くもみます。【1】と同様に、デリケートな生地の場合は染み抜き棒を使用し、やさしく叩いてください。

3.水ですすぎます。

一度で落ちない場合は【1】-【3】の作業を何度か繰り返してください。
何度か繰り返しても落ちない場合には、漂白剤を使用します。染み取り棒を使い、染み部分に漂白剤を塗った後、温風ドライヤーをかけてください。
温度が高いほど染み抜き効果が得られますが、色剥げも起こりやすくなりますので注意が必要。色剥げがおこったときにはすぐに中止し、水ですすぎましょう。染みが取れてきたら完了です。

染み抜きが終わったら、衣類にあった方法で通常通りの洗濯をしてください。

カフェオレなどのミルク成分が入ったコーヒーの染みには….

ブラックコーヒーであれば、上記のような方法である程度染み抜きができるものです。しかしながら、カフェオレなどに入っているミルクの成分は脂肪分、タンパク質を多く含んでいるので染み抜きが上手く行かない場合があります。

その際は、【1】と【2】の作業の間に、特殊な行程を挟むと染み抜きが上手く行きます。

1.5.高温のお湯に浸した“おしぼり”(ない場合は小さいタオルなど)を搾り、染みの部分に当てて上から“ラップ”をかけて2~30分放置してください。

この行程を挟むことによって、ミルクの成分が溶け出し染み抜きが上手くいくのです。

家具やカーペットについた染み抜き方法

応急処置と同様、家具やカーペットにコーヒーをこぼしてしまった場合も、まずはティッシュやタオルで水分汚れを吸い取ってください。決して擦らないでくださいね。

布製家具の染み抜き方法

1.布やキッチンペーパーなどを当て、トントンと叩き染みを取る。
2.薄めた洗剤を布に浸し、汚れた部分を叩く。
3.水で濡らした布で叩いて洗剤を取り、乾いた布で拭き取ってください。
※ポリエステル100%の場合は水洗いも可能です。

合皮系家具の染み抜き方法

  1. ティッシュなどで軽く押さえます。
    2. 固く絞った布で叩きます。

合皮系家具の場合は、水分が染み込まないように早急に吸い取るのが何よりも大切ですので、迅速な応急処置を心がけてください。

本革系家具の染み抜き方法

革製品は、特に水分に弱いですので十分注意しなくてはなりません。万が一シミが付いてしまった場合は、布製と同様の作業を行ってみてください。ある程度は取ることができます。
本革の場合は、染み抜き後にブラッシングなどで毛並みを整え、型くずれなどにも注意してくださいね。

コーヒーの染み抜き方法のまとめ

コーヒーなどの水溶性の汚れは、応急処置をしておくことにより、効果的に染み抜きを行うことができます。外出先などでは、必ず上記の方法を実践してくださいね。

また、家具やカーペットなどについたコーヒーの染みを諦めていた方も多いのではないでしょうか。汚れの度合いや、経過した時間にもよりますが、今回ご紹介した方法で染み抜きすれば、落とせる可能性もあります。

家にある道具を使えば、どなたでも簡単にできますので、これからは家庭でも染み抜きを実践してみてください。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!