コーヒーをもっと趣味に

ソーサー本来の使い方とは

ソーサー本来の使い方とは

喫茶店の楽しみといえば、アフタヌーンティやコーヒーブレイクタイムなど。コーヒーや紅茶のカップには必ずといっていいほどソーサーがついています。碗皿と訳されたその器には、本来どのような意味があるのかご存じでしょうか。

コーヒーソーサーは受け皿ではない?

普段よく使う、マグカップという受け皿のないカップもありますが、来客時のときには、ソーサーの上にカップを置いてもてなすものです。しかし、カップだけでは粗相なので、上品に受け皿をつけてみただけなのでしょうか?もしくは、ただ単にこぼれた時の受け皿だと思っていませんか。

実はどちらも違います。では一体、ソーサーの本来の使い方はどうなのか、現在のソーサーの使い道は何なのかをご紹介していきます。

コーヒーソーサー本来の使い方

18世紀ごろ主にフランスやイギリスでは熱いコーヒーを冷ますために、なんとわざわざコーヒーソーサーにコーヒーを注ぎ、冷ましてからズルズルとすすって飲んでいたそうです。なんとも衝撃的ですが、これが本来のコーヒーソーサーの使い方のようです。

このような飲み方になった理由は?

コーヒーの文化が入ってきた当初は、もともと茶碗のようなもので飲まれていましたが、もっと優雅にコーヒーを楽しみたいと、貴族達がコーヒーソーサーを使うようになりました。しかし、ヨーロッパの食器はほとんどが皿でしたので、その習慣のせいなのかコーヒーをソーサーに注いで飲まれるようになったのです。

西洋人は猫舌で熱さに弱い人が多く、そのため中身の熱を冷ますためにわざわざ食事を移しかえて冷ましていたそうなのです。そのせいか、お皿もソーサーも、ほぼ同じ容量で作られていたようです。その後、やはりお皿が使いづらい事に気づき、今度はお皿に把手のような指を通して手で持てる部分を取り付けたのです。

こうして、カップとソーサーが揃ったといわれています。

20世紀に役割を変えたソーサー

その後、その習慣は20世紀初頭まで続く事になり、20世紀中頃になってやっと、カップから直接飲む人が主流となりました。役目を失ったソーサーの深さも無くし、カップの収まりをよくするために「くぼみ」を作り、今の受け皿としての役割になったわけです。

今でもコーヒーやスープなどに皿が用いられるのは、それの名残なんだとか。冷ますためや、何か特別な理由があったとしても、あくまで昔からの習慣に慣れていたということが理由とされているのではないでしょうか。

現代のコーヒーソーサーの役割

ソーサーの深さは浅くなり、現代の形になりました。現代では昔のような飲み方をする人は実際にはいません。コーヒーを直接カップから飲むようになり、ソーサーの役割は、砂糖やミルクを置いたり、かき混ぜるスプーンを置くために使われるようになっています。

コーヒーソーサー本来の使い方と役割まとめ

ここで挙げた話からすると「必要ないのでは?」「ただ飾りとしてあるだけなんだ」と感じてしまうかもしれません。しかし、カップやソーサーがオシャレだと紅茶やコーヒーが美味しく感じるのは事実であり、「目で見て楽しむ」という役割があるように思います。

一部のマニアの方の間では、皿にカップの中身を注いで飲んでいるらしいので、みなさんも1度試してみてはいかがでしょうか?

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!