コーヒーをもっと趣味に

初心者が揃えるべきコーヒー器具

初心者が揃えるべきコーヒー器具

「本格的なおいしいコーヒーを自宅で飲みたい」と思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、コーヒーについて初心者であれば何から手をつけていいか迷ってしまいます。

そこで、本格的なコーヒーを味わえ、初心者が始めやすいペーパードリップコーヒー器具をご紹介します。

ドリッパーは1つ穴か3つ穴

ほとんどのドリッパーは1つ穴タイプと3つ穴タイプに分かれます。基本的に淹れ方は変わりませんが、湯が落ちる速度の差から、1つ穴は濃いめのコーヒーに、3つ穴は薄めのコーヒーに仕上がります。

安定した味を出せるのは1つ穴ドリッパー

初心者におすすめするのは1つ穴の方です。1つ穴の方が湯の落ちる速度が一定になりやすく、安定した味のコーヒーを淹れることが可能です。

3つ穴は湯の速度を調整することによって好みの味を作ることができます。はじめは淹れ方による味の変化よりも、豆ごとの味を楽しんでほしいので1つ穴がおすすめです。

ドリッパーの形状

ドリッパーには扇形と円錐形があります。

初心者に向いているのは扇形の方です。扇形の1つ穴は、いつでも正確な時間で抽出できることが特徴です。そして、お湯を何回も注ぐ必要はありません。複数の穴のあるドリッパーでは、コーヒーが流れ出る方向も決まってしまい、抽出時間のコントロールが難しくなってしまいます。

円錐形のドリッパーは扱いが難しい

ちなみに、円錐形の方はお湯を注ぐスピードを変えると、コーヒーの味を変えることができるのが特徴。お湯が中心に向かって流れます。そのため、扇形の方が円錐型よりコーヒーの粉に触れている時間が長くなります。

よって、お湯を注ぐスピードが影響する分、初心者にはおいしいコーヒーを淹れるのは難しいと言われています。

ドリッパーの材質

材質はプラスチックや陶器、金属など様々な種類があります。これに関しては、初心者だからと特別に気を使う必要はありません。

材質ごとの特徴は、プラスチックは安価でお手入れがしやすく、入手しやすいですが耐久性が少し弱い。陶器は熱伝導が程よく良く、安定して使用することができるが少し重量感がある。金属は抜群に熱伝導が良く、耐久性もありますが少し高価です。

ペーパードリップ

形状に合わせたものを使用しましょう。上記のおすすめに沿うのであれば、扇型のタイプを選んでください。扇型のペーパードリップはスーパーやコンビニでも販売しており、比較的手に入れやすいです。

ポット

様々な材質や形状のものがあります。ポットは自分の握りやすさなど使用してみて使いやすいものにしましょう。注ぎ口が細いものがお湯の量を調節しながら一定に注げるのでおすすめです。

初心者が揃えるべきコーヒー器具 まとめ

以上、これだけ揃えれば初心者の方でもおいしいコーヒーを淹れる準備が整います。コーヒー豆は挽いたものを購入できます。しかし、より新鮮な豆の香りや味を堪能したい方は、豆を挽く「ミル」を検討されてもいいかもしれません。

コーヒーの味を決めるのは、「豆」が8割、「水」が1割、残り1割はそれを台無しにしない淹れ方だそうです。コーヒーを淹れる器具は安定したものを選び、コーヒーを味わいながら自分にとって最高のものを探求してみてください。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!