コーヒーをもっと趣味に

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い

カフェオレやカフェラテ、どのようなシーンで飲みますか。コーヒーが得意でない方でも、カフェオレやカフェラテならば飲む方も多いと思います。

カフェオレとカフェラテの違いはご存知でしょうか。
カフェオレはフランス語で「レ」はミルク(牛乳)の意味。カフェラテはイタリア語の造語で「ラテ」はイタリア語の「ラッテ」からミルク(牛乳)の意味です。どちらも見た目は同じ「ミルクコーヒー」ですが、実は違う飲み物です。

カフェオレもカフェラテもコーヒーをベースにミルクを入れたものという点では同じです。カフェオレとカフェラテの違いをご紹介しましょう。

カフェオレとは

カフェオレは紙フィルターなどで濾して作るドリップコーヒーをベースにしています。
コーヒーとミルクの割合:50%、50%
主にフランスで好まれているコーヒーの飲み方です

カフェラテとは

カフェラテのコーヒーはエスプレッソがベースです。エスプレッソとは、エスプレッソ・マシーンを使い、高い圧力をかけて短時間で抽出したコーヒーです。
エスプレッソとミルクの割合:20%、80%
カフェラテは主にイタリア式の飲み方です。

コーヒーやミルクの割合は一般的な割合であり、明確な基準はありません。お店や作る人によって少しずつ違いがあります。

カフェオレとカフェラテの違い

ベースとなるコーヒーの違いから、カフェオレは少し薄味でマイルドに感じられます。カフェラテはエスプレッソが濃く抽出されているので、コクと苦味があり、ミルクのほのかな甘みも広がります。簡単ですが、このような味の違いがあるようです。

子供が飲む場合は、カフェラテがオススメです。カフェラテに使用されるエスプレッソはカフェインも少なく、ミルクもたっぷり使用しています。

味の感じ方は人それぞれあります。カフェオレとカフェラテ、どのように違うのか、一度飲み比べてみるのも良いかもしれません。仕事や家事の合間に、カフェオレやカフェラテでリラックスタイムをお過ごしください。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!