コーヒーをもっと趣味に

艶やかで落ち着いた「ガヨマウンテン」

艶やかで落ち着いた「ガヨマウンテン」

今回ご紹介するコーヒーは、スマトラ島北部で生産されたガヨマウンテンです。

マンデリンと産地は隣り合っていますが、精製方法は、マンデリンに多いスマトラ式に対して、ガヨマウンテンはウォッシュドです。そのため地域的な違いに加えて、精製方法による違いから、マンデリンに近いようで近くない味を持つコーヒーです。

「ガヨマウンテン」は、こんなコーヒー。

  • 今回の焙煎:シティロースト

香り

  • フレグランス(豆の香り)
    スパイシーさと、煮詰めたトマトソースのような香り
  • アロマ(コーヒーの香り)
    カカオ豆のような深さに、甘くスパイシーな香りがある

風味

  • 深みと甘味が主体で、スパイシーさもある
  • マンデリンに比べると穏やかで艶やかさがある

こんな時にオススメ

  • 夜に飲みたいコーヒー
  • 夕食後のひと時に
  • 落ち着きたいときに

ペーパードリップ:艶やかな味わい

インドネシアらしく、コクとスパイシーさが目立っている風味です。

しかしマンデリンとは異なり、しっとり艶やかな風味です。その象徴たるものが赤ワインのような豊かさです。

口当たりで酸味が程よく感じられ、そこから甘口の赤ワインのような、穏やかな甘味・コクと酸味の香り高さが感じられます。さらにスパイシーさが絶妙に刺激を与えていて、飽きの来ないコーヒーです。

余韻はスパイシーさが消えることで、香り高さがホワホワと残ります。舌にベッタリ残るわけでもなく、ミストのような爽やかな余韻がまた良い感触です。

中温~高温で淹れよう

ガヨマウンテンは同じスマトラ島のマンデリンと同様に、深めの焙煎で提供されている場合がほとんどです。そしてガヨマウンテンは、比較的高めの温度で抽出すると美味しく戴くことができます。

温度は好みに合わせて頂いて構いませんが、オススメは82~90℃あたりの温度です。90度以上だと過剰に風味が出てしまうためお気を付けください。

オススメの抽出方法(HARIO V60ドリッパー)

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:82~90℃

ネルドリップ:落ち着いた味わい

落ち着きのある味わいで、ペーパードリップのような豊かさは抑えられています。そのため相対的にスパイシーさが感じやすく、落ち着きと対をなす形で感じられます。

落ち着いた口当たりの直後に、酸味とともにスパイシーさが感じられます。コクは脇役のように、ひっそりと佇んでいます。余韻はコクが弱まるにつれて、酸味が持つ爽やかさが感じられ、比較的スッキリしています。

スマトラらしさを持ちつつも、余韻の爽やかさには驚かされるコーヒーです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:一杯当たり12g(一杯120mlで計算)
  • 挽き具合:中挽き
  • 抽出温度:82~90℃

フレンチプレス:面白いバランス

フレンチプレスで抽出すると、飲み応えとスッキリさのバランスが非常に優れています。

コクの深さとフレンチプレス特有のスッキリさは調和していて、コーヒーが持つ穏やかな甘みから爽やかな余韻が広がります。双方の味が個性を持ちながらも、程よく調和しているコーヒーです。

特に余韻の爽やかさは印象的です。イエメンモカのような、しかしスマトラらしい深さもあって、このコーヒー最大の醍醐味かもしれません。

若干長めの時間でも良いかも

ガヨマウンテンの味の深さと特徴を引き出すには、若干長めの時間で抽出するのもオススメです。

浅煎りで提供する場合が少ない銘柄のため、若干長くてもエグ味は出づらいです。反対に時間が短いと、ガヨマウンテンらしさのない曖昧なコーヒーになりがちです。

オススメの抽出方法

  • 豆の分量:18g(容量350mlのプレスを使用)
  • 挽き具合:粗挽き
  • 抽出時間:沸騰したお湯で4分00秒~20秒

モカエキスプレス:意外と飲みやすい

モカエキスプレスにスマトラの豆というと、濃厚で苦味の強いコーヒーを想像しがちですが、そこまでではありません。落ち着いた味わいに、若干甘味も感じられます。余韻も強さがなく、ふんわりしたコクの余韻が印象的なコーヒーです。

またミルクを混ぜても重みがあまりなく、飲みやすさを感じるカフェラテになります。ブラックでもカフェラテでも、想像より飲みやすいところが面白いなと感じるコーヒーです。

「ガヨマウンテン」の美味しい飲み方

ミルク・砂糖との相性

  • ミルク:とても良い
  • 砂糖 :良い

お酒と合うコーヒー

このコーヒーの持つコクと甘味、そして何といっても艶やかな風味は、ウィスキーやブランデーとの相性に優れています。これらのお酒の香りが艶やかさとマッチして、艶やかさをより引き立たせています。

例えば冬場は体の温まるアイリッシュコーヒーにしたり、夏場はブランデーとアイスコーヒーでサルマを作ったりすると良いかもしれません。

ゆったり飲みたい「ガヨマウンテン」

艶やかで落ち着いた味わいの「ガヨマウンテン」は、マンデリンに似ているようで似ていない味わいです。マンデリンらしさを持ちつつも、落ち着いていて控えめなスパイシーさを持つ部分は、エキゾチックさを想起させられるコーヒーです。

休憩や食後の一息を、どこか優雅なひと時にしてくれます。ゆったりしたい時にオススメのコーヒーです。

コーヒー豆の情報

  • 名称:ガヨマウンテン
  • 産地:アチェ州、インドネシア
  • 精製:ウォッシュド
  • 今回の焙煎:シティロースト

About the Author

汐井有

モットーは専門化したコーヒーについて、詳細を伝えつつ噛み砕いた説明で興味を持ってもらうこと。 専門的な記事と解りやすい記事の両方を書こうと思っています。