コーヒーをもっと趣味に

酸味を表す「アシディティ」と「アサービク」について

酸味を表す「アシディティ」と「アサービク」について

カフェでコーヒーを楽しむ時「酸っぱいコーヒーはちょっと苦手かも…」と感じた経験はありませんか。コーヒーから感じられる酸味には2種類あるのをご存知ですか。今回は、酸味を表す「アシディティ」と「アサービク」についてご紹介します。

コーヒーの酸味について

酸味とは、基本味(甘味・塩味・苦味・酸味・旨味)のひとつで、一般的にすっぱいといわれるものと指しますが、コーヒーにとっての酸味は“味の特性”です。

上質な酸味は糖と結合し、コーヒーの甘みを増加させフルーティなテイストを感じさせてくれるなど、とても好印象なもの。反対に、シャープな酸味は刺激が強く、コーヒーの味を邪魔するもの。コーヒーの酸味は2パターンあると考えてください。

アシディティについて

アシディティ(Acidity)とは、酸性・酸味・胃酸過多という意味で、コーヒーの場合は酸性・酸味のことを表します。カップテストやカッピングジャッジなどでは、コーヒーが持っている上質な酸味を評価する項目です。

アシディティなコーヒーとは

アシディティなコーヒーは、口に含んだ時に酸味が魅力的に感じられるのが特徴。具体的には、フルーティな感覚・爽やか・柔らか・洗練されている・キレのあるなど、アシディティな酸味がコーヒーの中に存在することで、そのコーヒーがよりおいしく魅力的な風味をかもしだしているということ。

コーヒーにおけるアシディティとは、素晴らしい酸味のことを指します。

アシディティを知りたいのなら

アシディティなコーヒーを感じたいのなら、スペシャルティコーヒーを試すのがおすすめです。スペシャルティであれば、「オレンジのような」「グレープフルーツのような」など具体的なフルーティテイストについての説明が書かれている場合が多いので、迷うことなく“アシディティな風味”を知ることができますよ。

いきなりスペシャルティコーヒーを購入するのはハードルが高い・・・と思う方は、普通のコーヒーの中でもグアテマラ産ケニア産のものが“アシディティを感じられるコーヒー豆”としておすすめです。

アサービクについて

アサービク(Acerbic)とは、酸っぱい・苦い・とげとげしい・渋いという意味で、コーヒーの場合は嫌な酸っぱさのことを表します。カップテストやカッピングジャッジなどでは、コーヒーの味を邪魔する欠点となる酸味を評価する項目です。

アサービクなコーヒーとは

アサービクなコーヒーは、口に含んだ時に鋭く強い酸味を感じるのが特徴。具体的には、刺激的な酸っぱさ・鋭い酸味などがコーヒーの中に存在することで、コーヒーのおいしさが邪魔され、不快な酸味を強く感じてしまうことを言います。

アサービクになる原因

  • 不適当な収穫や精製処理による生豆の欠点
  • 不適切な焙煎方法
  • 不適切な焙煎豆の保存方法
  • 不適切な抽出方法
  • コーヒー液の長時間の保温
  • コーヒー液を高温で温めている時

アサービクな風味になってしまう要因は上記のように多々あり、この全てが味の欠点である「アサービク」が発生するきっかけとなります。

嫌な酸味を和らげるおすすめの方法

アシディティでもアサービクでも、とにかく酸味が苦手!という方に、コーヒーの酸味を和らげるおすすめの方法をご紹介します。

コーヒーを一口飲んで、「あ、酸味が…」と思ったら、牛乳かフレッシュをコーヒーに加えましょう。牛乳などのカルシウム含有製品は、酸を中和する役割があるので、コーヒーにプラスするだけで苦手な酸味を感じにくくしてくれます。

また、ホイップクリームなどのデザートと交互に楽しむ作戦もおすすめです。

酸味を表す「アシディティ」と「アサービク」についてまとめ

「アシディティ」と「アサービク」はコーヒーの酸味特性を表す用語で、カップテストなどのコーヒーの風味を評価する時に使用されます。

アシディティはコーヒーの持つ魅力的な酸味特性を表し、アシディティなコーヒーはフルーティで心地よい、上質な酸味を感じられます。一方、アサービクは、刺激的な酸味特性のことで、コーヒーの不適切な精製処理や焙煎などで発生する不快な酸味を表しています。アシディティとアサービクは同じ酸味でも、対照的な意味合いなのが面白いですよね。

どちらもコーヒーを楽しむ消費者にとっては同じように感じられるかもしれませんが、これは心地よい酸味か、ちょっとひっかかる酸味か、自分なりに分析しながら飲んでみると、アシディティとアサービクの違いに気づけるかもしれませんよ。

About the Author

AMIAMI

愛知県生まれ。親族がコーヒー卸売業を営み、幼少より喫茶店とコーヒーに親しみがある。ブラジルコーヒー鑑定士・SCAAカッピングジャッジなどの受講経験、焙煎経験あり。コーヒーは焙煎したてより、寝かせてから飲みたい派。猫と、物作りが好き。