コーヒーをもっと趣味に

コーヒーミルの選び方(手動式?電動式?)

コーヒーミルの選び方(手動式?電動式?)

コーヒーミルには、手動タイプと電動タイプがあります。種類も多種多様なため、選ぶ際に悩むポイントがたくさんあります。デザインを重視しすぎた結果、好みの豆を挽けなくては意味がありません。

コーヒーミルの選び方のコツを見ていきましょう。

何を重視するのか

コーヒーミルはコーヒー豆を挽く機械です。ミルを置くスペースや持ち運び、掃除のしやすさなども考えておかなければいけません。

大好きなコーヒーの香りに包まれてブレイクタイムを楽しみたいとき、挽く過程も楽しみたいのか、飲む時間を重視するのかなども選ぶポイントになります。

どんな時にコーヒーを飲む?

コーヒーミルの購入を考えている方は、コーヒーを日常的に飲まれる方が多いと思います。まずは、普段自分がどういった時にコーヒーを飲んでいるのか、あらためて考えてみましょう。

例えば、朝、出勤前の忙しない時間帯にコーヒーを飲む方であれば、手動式のコーヒーミルは時間を取られてしまうためおすすめできません。逆に、コーヒーとの時間をじっくり楽しみたいという方は、手動式コーヒーミルも選択肢に入れても良いかもしれません。

  • 出勤前など忙しい時に飲む=「電動式コーヒーミル」
  • 午後のゆっくりとした時間に飲む=「どちらもおすすめ」
  • 豆を挽くところから楽しみたい=「手動式コーヒーミル」

また、味を重視する人は『豆の粗さを調節できるか』という機能的な面も重視する必要があります。

手動式コーヒーミルの特徴

手動タイプのコーヒーミルを選ぶ際に1番大事なことは、『フタが付いているか』という点です。手動の場合、ほぼ確実に豆が飛び散るので、まずはフタ付のものから選ぶと良いです。

手動式コーヒーミルのメリット・デメリット

  • ”自分で豆を挽く”ので雰囲気を楽しめる
  • 割と安価に購入することができる
  • 意外と力が必要…
  • 時間に余裕のない時は挽く手間が面倒…

手動なので、もちろん自分でハンドルを回して挽かなくてはならないので、ある程度の重さと力も必要になってきます。ハンドルは回しやすい長めのものを選んだ方が、楽に挽くことができます。

電動式コーヒーミルの特徴

電動式コーヒーミルのメリット・デメリット

  • スイッチひとつで淹れられる
  • 忙しい時でも使うことができる
  • 価格相場は12,000円前後
  • 安価なものは音がうるさい

電動式のコーヒーミルは、値段こそ幅広くピンキリですが、自ら挽く必要がないのが魅力です。高いものでは数十万円するものもあります。

リーズナブルなカッター式(プロペラ式)

電動タイプのコーヒーミルは、カッター式(プロペラ式) と、臼式(グラインダー式) ・カット式の2つの種類に分けられます。

カッター式のものは小型でお手軽なうえ、価格も3,000円程度のものあり、リーズナブルです。ボタンを押す長さで豆の粗さを調節できますが、エスプレッソのような極細挽きはできません。

本格派の臼式(グラインダー式)・カット式

臼式・カット式のものは、据え置き型の大きさで、価格も1万円~と、お手頃価格とはいえませんが、その反面ダイヤルで簡単に粗さの調節ができ、たくさん挽くにも便利です。

ワンランク上の挽き味をお望みなら、 固定刃と回転刃の2枚の歯で豆を粉砕する、グラインダー式の電動ミルがおすすめです。

コーヒーミルを選ぶ上で考慮したい点

どちらもコーヒー豆の挽き具合は調整できますが、手動式はコーヒーミルの種類によって力を必要とするものがあります。一方電動式は、必ず電源のある場所が必要になりますので、その点も考慮して選ぶと良いでしょう。

手入れのしやすさ

コーヒーミルは豆を挽いた後にコーヒーの粉がミルに残ります。これをそのままにしておくと挽いたばかりの豆の香りを損なってしまうので、適度な手入れが必要になります。

手入れのしやすさも考えて選ぶのも大切です。

コーヒーミルの選び方 まとめ

コーヒーミルの選び方のコツとしては、自分好みのデザインよりも、生活に合った使い方や使い勝手をまずは検討するようにしましょう。

コーヒーを淹れる人数や豆を挽くレベルの調整、持ち運びやすさはもろん、外観やテイスト、掃除のしやすさ、扱いやすいかなどもよく見て選んでみてはいかがでしょうか。

まず自分がコーヒーミルに何を求めているのか、何を重視するのかということが重要となります。せっかくコーヒーミルを買うなら、じっくり選んで最適な1台と巡り合えると良いですね。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!