コーヒーをもっと趣味に

アフォガードはどんな時におすすめ?

アフォガードはどんな時におすすめ?

日本でもカフェメニューとして定番になりつつある「アフォガード」。冷たいアイスクリームと、温かい飲み物のマッチングにハマった熱烈な“アフォガード・ファン”も全国各地にいるのだそう。ここではアフォガードを楽しむおすすめのシチュエーションをご紹介します。

アフォガードに使う飲み物はコーヒーだけじゃない?

日本ではアイスクリームにコーヒーをかける「コーヒーアフォガード」として一般的ですが、アフォガードは本来、コーヒー以外の飲み物をかけて食べることも多いです。アフォガード発祥の本国イタリアでは、紅茶やリキュールをかけたアフォガードも人気です。

アフォガードの条件は「濃厚」であること

いずれの飲み物にも共通するのが“濃厚”という点。アイスクリームそのものの個性が強いため、半端な味ではアイスクリームの引き立て役として用を成しません。コーヒーならエスプレッソ、紅茶なら茶葉をたくさん使ったロイヤルミルクティーなどが用いられるのが一般的です。

あくまでアイスクリームがメインのデザートなので、使う飲み物はごく少量というのもアフォガードの特徴です。

アフォガードはこんな時におすすめ!

アフォガードはどんな時のにおすすめ?

食後の軽いデザートとしてピッタリ

ランチやディナーの後、甘いものを食べたいけど「ケーキやパフェはちょっと重い…」という場面に、アフォガードはバッチリです。小さなアイスクリームに飲み物を垂らしただけなので、お腹に貯まることなくデザートとして食後を楽しませてくれます。

もちろん、コーヒーをかけたアフォガードなら「食後のコーヒー」の代わりとしても楽しめます。まさに甘さと苦さのいいとこ取りのスイーツです!

仕事で詰まったときの糖分補給!

仕事が思うように進まずに息詰まった時、休憩がてらカフェに行ってアフォガードを食べる…なんて楽しみ方もいいと思います。いいアイディアが浮かばない時は、冷たくて甘いアフォガードを食べて、脳に糖分を補給してあげましょう!

“コーヒー”なので、カフェインも摂って気分も心機一転!苦味でシャキッと目を覚まして仕事モードに切り替えてみてくださいね。

カフェに長居する時の2杯目として

外で仕事をする機会の多い方は、1杯のコーヒーで何時間もカフェに長居することもありますよね。そんな時、2杯目のデザート兼コーヒーとしてアフォガードを頼んでみてはいかがでしょうか。

長い時間カフェに居ると、コーヒーだけでなく甘いものを食べたくなるものです。スイーツとして、コーヒーとして楽しめるコーヒーアフォガードは、気分転換としておすすめです。

アフォガードは食後や気分転換にぴったり!

単純にデザートとしても人気のあるアフォガードですが、食後以外のシチュエーションでも存分に楽しむことができます。カフェによって、アフォガードに使うアイスやトッピングが異なるので、お気に入りのお店を探してまわるのも楽しいかもしれませんね。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!