コーヒーをもっと趣味に

シナモンローストとは?

シナモンローストとは?

シナモンローストについて、今回はご紹介していきます。コーヒー豆ごとに、適した焙煎や自分好みの焙煎などを知っておくことで、飲みたいコーヒーの選択の幅はより広くなります。

8段階の焙煎度合い

焙煎_ロースト_浅煎り_深煎り

コーヒー豆の焙煎は、浅煎りから深煎りまでの度合いを8段階に分けて表します。焙煎が弱いものから順に

  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

各焙煎の度合いによって、苦味・酸味・コクなどに違いが表れます。加えてコーヒー豆の産地によっても風味が変化し、何通りもの味わいを楽しむことができます。シナモンローストは「浅煎り」に分類されます。

浅煎り焙煎「シナモンロースト」

シナモンロースト_焙煎_コーヒー豆

シナモンローストは、ライトローストに次いで8段階中2番目に浅い焙煎具合です。焙煎後のコーヒー豆の色が、香辛料のシナモンに似ていることからその名がつけられたといいます。

焙煎を行う前の生豆は、いわゆるコーヒーの風味がなく渋みが強い味わいですが、シナモンロースト程度に焙煎を進めることにより、徐々に渋みが酸味に変化していきます。苦味はほとんどなく、口当たりのいいスッキリとした酸味が特徴の焙煎といえます。

酸味の強い爽やかなテイストが好みの方におすすめ

コーヒー好きの方の中でも、エスプレッソのような濃厚な苦味を楽しむものより“北欧系”とよばれるような、爽やかな酸味の効いた風味を好む方に、シナモンローストの焙煎はおすすめです。

日本国内では、シティロースト程度の中煎りが好まれてきた背景もあり、あまりシナモンローストの豆を勧めてくるコーヒーショップはありませんでした。

サードウェーブコーヒーからの流れ

しかし、近年の世界的なコーヒーブームをつくる一因となった“サードウェーブコーヒー”の流れにおいて、シナモンロースト程度の浅煎り豆をあえてセレクトする店舗も多くなってきています。

これまで日本にあった「コーヒーは深煎りで苦いのが美味しい」といった固定概念を覆すような、フルーティーで酸味の強い美味しい浅煎りの豆を楽しもう、という意向も多いのです。

酸味の強い豆とシナモンロースト

焙煎以前に、コーヒー豆そのものの味として酸味に特徴のある品種も多々あります。キリマンジャロやモカといったコーヒー豆は、苦味が少なく酸味が強いことで有名な銘柄です。

フルーティーなコーヒーが好みの方は、これらの豆をシナモンロースト程度の浅煎りで飲むと、より一層酸味に特徴が出て美味しく楽しめるのではないでしょうか。

フルーティな酸味をより楽しめるシナモンロースト

最近になってやっと日本国内でも取り扱う店舗が増えてきた、浅煎り焙煎であるシナモンローストのコーヒー豆。まだまだ一般層への認識は薄いですが、サードウェーブコーヒーの人気によって、浅煎り・深煎りともに楽しむ幅が広がってきています。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!