コーヒーをもっと趣味に

コーヒー豆の挽き方「グラインド」とは

コーヒー豆の挽き方「グラインド」とは

最近では、コーヒーメーカーにミルがついている場合もあり、豆の状態で購入したコーヒーでも、手軽に楽しめるようになりました。コーヒーは奥深いもので、挽き方一つで風味が大きく変わってきます。ここでは、コーヒーの挽き方「グラインド」についてご紹介します。

グラインドとは

焙煎したコーヒー豆をミルで粉砕することを「グラインド」といいます。粉の大きさ(粒度)は濾過速度や風味に大きく影響してきます。一般的に、豆を挽く粒が細かいほど、表面積が増えてコーヒーの成分が多く抽出され、苦味が際立った味になります。

粗く挽くと軽いコーヒーに、細く挽くと濃いコーヒーに、より特徴が際立った味に仕上がります。

グラインドをする時の注意点

最近はご家庭でグラインドする方も多くなってきましたが、豆を挽く際は、細かい部分や粗い部分が混在するような「挽きムラ」を作らないようにします。挽いた後の粒の大きさが均一でないことにより、抽出にムラができ、本来の風味を十分に引き出すことが出来ないためです。

また、抽出する器具に合わせて、挽き方を変えることも忘れてはいけません。

コーヒーミルについて

グラインドをする器具をミルといい、手動で行なうもの、電動で行なうものにわかれています。その中でも、豆を粉砕する歯の違いによって「カット式」「グラインド式」「プロペラ式」の3タイプに分けられます。

それぞれミルによって、挽き方の微調整や挽きムラの有無などの特徴があります。

各ミルの特徴

豆を粉砕するミルの歯によって、コーヒーの風味も違ってきます。ミルは、均一に挽けるものほど優秀です。

  • カット式
    カット式は、豆のカット面が奇麗に仕上がるため、旨みが出やすいというメリットがあります。細かくカットできる反面、微粉も出やすく、苦みやエグみも避けれられないというデメリットがあります。
  • プロペラ式
    歯の形状がプロペラのような形状のため、この名が付きました。コンパクトで持ち運び可能ですが、粉の形状を均一にすることはできません。コーヒーメーカーについているミルほとんどがプロペラ式です。
  • グラインド式
    臼のような歯で豆を粉砕します。繊維やカット面もすりつぶしてしまうため、味が出にくいというデメリットがあるものの、熱を出しにくく、均一で奇麗に挽くことが出来ます。

挽き方の名称と大きさの目安

  • 粗挽き:大きいザラメ糖程度
  • 中挽き:小さいザラメ糖程度
  • 中細挽き:中挽きと細挽きの中間程度
  • 細引き:グラニュー糖程度
  • 極細引き:上白糖程度

豆の挽き方と抽出方法

  • 粗挽きに適した抽出方法:ネルドリップ・フレンチプレス
  • 中挽きに適した抽出方法:コーヒーメーカー
  • 中細挽きに適した抽出方法:ペーパードリップ
  • 細挽き:サイフォン・ウォータードリップ
  • 極細挽き:エスプレッソ

煎り豆とは

コーヒー豆は、産地によって酸味、苦味、甘み、コクなどそれぞれに個性があります。生豆本来の個性を上手に引き出しながら、味や香りを仕上げるのがロースト(焙煎)です。焙煎によってコーヒーの味は変わってきます。

一般的に、焙煎の時間が長いほど甘さと苦さが生かされ、短ければ酸味が生かされます。カフェインの含有量は、焙煎時間が長いと少なくなります。

各煎り度合いと特徴

  • 浅煎り「シナモンロースト」コクや苦味がやわらかい。アメリカンコーヒーなどに。
  • 中煎り「ミディアムロースト」酸味、苦味、口当たりもソフト。
  • 中深煎り「ハイロースト」香り、色、味のバランスが良い。
  • 深煎り「シテイロースト」酸味が抑えられ、苦味が強くなる。アイスコーヒーなどに。
  • 極深入り「イタリアンロースト」豆の色が黒くなるくらい煎る。強い苦味が特徴、エスプレッソなどに。

この他、ライトロースト、フレンチロースト等、全部で8段階に分けることができます。

コーヒーの挽き方「グラインド」まとめ

コーヒーは、煎り具合や粉の大きさによって風味が変わってきます。グラインドするミルにも、様々な特徴があります。好みのコーヒーを飲むため、豆の煎り方や挽き方もこだわってみるといいかもしれませんね。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!