コーヒーをもっと趣味に

香りの強いコーヒーと相性の良い砂糖

香りの強いコーヒーと相性の良い砂糖

香り高いコーヒーに、砂糖は入れますか?コーヒーには様々な楽しみ方があり、より甘く、よりコク深く調整できるのもコーヒーの魅力です。ここでは、香りの強いコーヒーに合う「砂糖」について見ていきましょう。

香りの強いコーヒーには風味の弱い砂糖

例えばブルーマウンテンのような高級豆は、香りが強く他のコーヒーのどれとも違う独特で豊かな風味が特徴です。砂糖を入れて飲む場合、この香りを活かすためにも“癖がない”ものを選ぶといいでしょう。

グラニュー糖は癖がなくオススメ

“癖のない砂糖”として、一番おすすめできるのがグラニュー糖です。グラニュー糖は、世界で最もポピュラーな砂糖。コーヒーを頼んだ時に出てくる砂糖は、グラニュー糖である場合が多いです。つまり、それだけ世界的にコーヒーとの相性が良いと認められている、ということです。

あっさりとした甘さで癖がないため、香りの強いコーヒーと合わせても豊かな香りを邪魔しません。合わないコーヒーはないと言えるほどの砂糖なので、砂糖に迷ったらグラニュー糖を選べば間違いないでしょう。

日本の上白糖も香りの邪魔にならない

世界的には一般的ではありませんが、日本で圧倒的に使われることの多い砂糖である“上白糖”も香りの強いコーヒーとの相性は抜群です。

グラニュー糖よりも水分を多く含み、甘み・コク共に強くなっていますが、日本食でも多く使われているように、甘みに癖がありません。コーヒーと合わせても豊満な香りを邪魔せず、さらりとした甘みを追加してくれるのでオススメです。

使わないほうが良い砂糖は?

一方、砂糖自体の個性が強いものは、香りの強いコーヒーと合わせることで、独特な風味を弱めてしまいます。また、極端に甘みが強いものも味や香りを損ねてしまうことからオススメできません。

豊富なミネラルと独特な風味の三温糖

グラニュー糖や上白糖を作る際に残留する“蜜”から作る三温糖は、ミネラル分が強く独特の風味があるため、香り高いコーヒーに合わせるにはあまりオススメできません。

強い甘みと癖を持つ黒糖

サトウキビの絞り汁を煮詰めて作る黒糖も、甘みが強く砂糖自体に癖がありますので、香りに特徴があるコーヒーとの相性は良くないでしょう。黒糖の癖の強い香りは、コーヒーの香りを楽しむ時にはあまりオススメはしません。

主張の強いザラメ

砂糖の主成分である“スクロース”を結晶化したザラメ。非常に甘味が強く、コーヒーの個性を打ち消してしまいますので一般的にあまり使われません。

香りの強いコーヒーには癖のない砂糖を!

以上のように、香りに特徴があるコーヒーには癖のない砂糖、グラニュー糖や上白糖を合わせるのがオススメです。

もちろん個人の好みもありますが、あまりに個性の強い砂糖を合わせてしまうと、“豊かな香り”が薄れてしまうことは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!