コーヒーをもっと趣味に

エスプレッソはなぜ少量なの?

エスプレッソはなぜ少量なの?

エスプレッソと聞くと、「少量の濃いコーヒー」というイメージが強いのではないでしょうか。実は、エスプレッソ特有の製法に秘密が隠されているのです。エスプレッソがなぜ少量なのか見ていきましょう。

エスプレッソってどういう飲み物?

エスプレッソは、イタリアで生まれたコーヒーです。イタリアで生まれた後、北米(主にシアトル)で多く普及して日本にも伝わってきました。
フィルターを使って抽出する一般的なコーヒーに対し、エスプレッソはマシーンによって圧力をかけ、抽出します。この抽出方法こそが、エスプレッソの特徴を決定づける大きな要素なのです。

一気に抽出する濃度の高いコーヒー

エスプレッソは、ドリップ式のコーヒーと比べ短時間で一気に抽出を行います。この製法によって、豆のエグみや雑味を入れることなくコーヒー本来の旨味だけを凝縮したコーヒーができるのです。
エスプレッソはイタリア語で「急行(英語のエクスプレス)」という意味を持っています。この短時間で抽出する製法が、名前の由来なのでしょう。

旨味を引き出す最適な量

もちろん、エスプレッソも量を多く抽出することは可能です。しかし、エスプレッソの抽出に時間をかけてしまうと、豆のなかに含まれる雑味やエグみをコーヒーの中に流出させてしまうことに繋がるのです。
つまり、多量のコーヒー豆に圧力をかけていると“旨味”が抽出し終わったコーヒー豆からも抽出を続けてしまい、美味しいとは言えないエスプレッソが出来てしまうわけです。
そのため、エスプレッソは旨味を引き出せるギリギリの量(7~8mgの豆)で30cc程の少量になるのです。

濃厚な割にカフェインは少なめ

コーヒー豆に圧力をかけて抽出する製法から考えて、エスプレッソはカフェイン量も多いと思われがちですが、実際は通常のドリップコーヒーよりも少ないです。
これは、エスプレッソに使われる豆の焙煎具合に関わってきます。エスプレッソに使われる豆は“深入り”であることが多いのですが、カフェインは焙煎の課程でどんどん揮発していき少なくなっていきます。そのため、コーヒーにする時点でそもそものカフェイン量が少なくなっているのです。
また、一杯あたりの豆の使用量もエスプレッソより多いため、カフェイン摂取を目的とする場合はドリップコーヒーをおすすめします。

エスプレッソが少ないのは旨味を最大限引き出すため

エスプレッソの量が少ないのには、きちんと理由がありました。旨味の濃縮した美味しいコーヒーを飲むために、考えられた最適な量なのです。
エスプレッソでも量を沢山飲みたいという方は、「ダブル(ドッピオ)」という注文が可能になっています。値段は単純に倍のなることが多いですが、同じ濃度のエスプレッソを同時に2杯分抽出してくれるので冷めることなく美味しくいただけます。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!