コーヒーをもっと趣味に

エスプレッソメーカーの直火式と電気式の違い

エスプレッソメーカーの直火式と電気式の違い

日本でも認知されているエスプレッソですが、抽出方法は大きく分けて2つあり、直火式と電気式のエスプレッソメーカーを使う方法です。各々どのような特徴があり、違いがあるのか、調べてみましょう。

エスプレッソメーカーとは

「高圧の蒸気を用いて、熱湯をコーヒー豆に通し抽出する」器具のことです。そして、ここでお話しするエスプレッソメーカーとは、家庭でエスプレッソを淹れるために使う器具のことを指します。

カフェなどで使われている業務用のエスプレッソメーカーは「エスプレッソマシン」と表現され、家庭のものとは区別されていることが多いそうです。

直火式エスプレッソメーカーについて

名前の通り、水とコーヒー豆を挽いた粉を器具にセットし、直接火にかけて蒸気圧を発生させます。その蒸気圧によって湯が移動し、コーヒーを抽出することができます。

「直火式」以外にも、「直台式」や「マキネッタ」、直火式の先駆けとも言える製品の名前でもある「モカ・エキスプレス」などと呼ばれています。

直火式は電気式と比べるとコンパクトなので、置く場所を選びません。そして、使い方も難しくなく、手を出しやすい価格も魅力のひとつです。電気が無くても使えるということで、アウトドア用としても活躍しています。

しかし、電気式ほどの高い圧力を発生させることはできないため、エスプレッソ特有の表面の泡(クレマ)はでず、香りの複雑さも電気式と比べれば若干劣ってしまいます。

直火式は使い込むほどにコーヒーの香りと油分が器具となじみ、独特の金属臭も消えるのでコーヒー豆本来の香りと味わいが楽しめるようになります。より好みの味わいを出せるように使い込んでいく楽しさは、直火式の大きな魅力です。

電気式エスプレッソメーカーについて

店で使っているエスプレッソマシンのように、内蔵されているポンプで加圧しコーヒーを抽出するポンプ式と、電熱器で水を沸騰させ発生した蒸気を使って抽出する蒸気式とあります。蒸気式はポンプ式に比べると安価ではありますが、ポンプ式ほど高い圧力を発生させることはできません。

コーヒー豆を挽いたものを使い、フィルターにコーヒー粉を詰めるタンピングやレバーを操作し抽出するところまで自分で行うものもあれば、豆を挽くところから抽出後の残りカスの排出まで全自動のものもあります。

他には、コーヒー粉をフィルターに封入したポッドを専用の機器にセットし抽出するカフェポッド式や、ポッド式と仕組みは同じですが、コーヒー粉が専用のカプセルに入っているカプセル式などもあます。更に、フォームミルクを作れるものやドリップコーヒーも淹れられるものもあり、選択肢の広さも魅力的です。

電気式の価格は直火式に比べるとかなり高くなってしまいますが、高い圧力で抽出できるため、クレマが発生し、より濃厚で芳醇な香りが楽しめます。

直火式と電気式の大きな違い

上で述べたように、直火式と電気式には様々な違いがあります。しかし、最も違うのは「直火式で抽出したコーヒーは実はエスプレッソではない」という点でしょう。

日本では直火式のマキネッタで抽出したコーヒーもエスプレッソとされていますが、エスプレッソの本場イタリアでは、マキネッタで抽出したものは「モカ・コーヒー(モカ)」と呼ばれエスプレッソとは別物とされています。

イタリアンコーヒーという大枠の中に、エスプレッソとモカ・コーヒーがあるとイメージすると良いでしょう。モカ・コーヒーはイタリアの家庭の味で、エスプレッソは外で楽しむものとして飲み分けているようです。

エスプレッソメーカーの直火式と電気式の違いまとめ

直火式の意外な事実もありましたが、直火式でも電気式でも、一般的なドリップコーヒーとは異なる独特の風味を楽しめます。それぞれのメリットやデメリットを理解し、自身のライフスタイルに合わせて選ぶのが一番でしょう。

About the Author

coffeemecca編集部

Coffeemecca編集部です。Coffeemecca編集部はコーヒーをもっと趣味に、コーヒーをもっと好きになってもらう記事やコンテンツを鋭意制作中です!